槇原敬之 歌の履歴書

小貫信昭

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784835646428
ISBN 10 : 4835646428
フォーマット
出版社
発行年月
2021年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
四六判 / 240ページ

内容詳細

槇原敬之キャリア史上最大のコンフェッション(独白)
時代を映す名曲と言葉による渾身のノンフィクション
『槇原敬之 歌の履歴書』(小貫信昭・著)10月25日(月)発売決定!

槇原敬之ファンにはおなじみの音楽評論家、小貫信昭氏が深い見識と丹念な取材を以て「槇原敬之キャリア史上最大のコンフェッション(独白)」をまとめた本書。誰もが耳にしたことのある代表曲、時代の「歌」を各章のタイトルに掲げ、その「歌」が誕生するにあたっての経緯やエピソードを掘り下げる渾身のノンフィクションとなっています。
経験したことのない苛烈な日々が続き、人と人がふれあい、つながることが難しい昨今だからこそ、人の心をつなぐ「歌」の存在が再認識され、求められています。その時代の要請に応える、まさに「歌の履歴」と言うべき本書にご期待ください。

【登場する歌】
●M1「ANSWER」
●M2「どんなときも。」
●M3「もう恋なんてしない」
●M4「MILK」
●M5「SPY」
●M6「LOVE LETTER」
●M7「足音」
●M8「太陽」
●M9「世界に一つだけの花」
●M10「チキンライス」
●M11「GREEN DAYS」
●M12「Heart to Heart」
●M13ニューアルバム『宜候』

ほか

※仕様、構成、内容等は変更される場合がありますので予めご了承ください。

【著者紹介】
小貫信昭 : 音楽評論家。1980年に雑誌『ミュージック・マガジン』を皮切りに執筆活動を始める。槇原敬之に初めて取材したのは1993年のシングル「No.1」のときだった。以来、数多くの取材機会を得て現在へ至る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • あみやけ さん

    この30年くらいをふりかえることができました。若くして天才だったのもよくわかりました。僕の人生には欠かすことができない人物です。ただ、2回も罪を犯したのは事実。これからは以前のように世間に受け入れてもらえないかもしれません。ただただ、僕は一ファンとして、曲を楽しんでいこうと思います。これからも。

  • タカシール さん

    マッキーのコンサートに最後に行ったのは2019年。ライブはTVで歌うマッキーと全く違う。歌うマッキーも、聴く側も相思相愛で一体感がある。なぜそういう空間が出来るのか、この本を読んでなんとなく分かった気持ちになれた。読んでよかった。槇原敬之というミュージシャンがどういう曲作りをしているのか興味ある人には是非読んで欲しい。

  • nobu23 さん

    槇原敬之のデビュー前から、最新作まで時系列順に当時の話を書き出した本。 本の概要からアルバムごとの曲にフォーカスした話だと思っていたら、アルバム制作を中心としたバイオグラフィー的な本に仕上がっていて面白かった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

小貫信昭

音楽評論家。1980年に雑誌『ミュージック・マガジン』を皮切りに執筆活動を始める。槇原敬之に初めて取材したのは1993年のシングル「No.1」のときだった。以来、数多くの取材機会を得て現在へ至る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

小貫信昭に関連するトピックス

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品