今夜

小野寺史宜

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784103325444
ISBN 10 : 4103325445
フォーマット
出版社
発行年月
2020年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
246p;20

内容詳細

最高の出来事も、最悪の思い出も。生まれるのも、壊されるのも。人生の分かれ道は、たいてい夜に姿を見せる。ボクサー、タクシー運転手、警察官、高校教師。その夜、四人の男女は、闇に侵された―。人間の強さと弱さを繊細な視線で見つめ、生まれた、忘れられない物語。

【著者紹介】
小野寺史宜 : 1968年、千葉県生まれ。2006年「裏へ走り蹴り込め」で第86回オール讀物新人賞を受賞。2008年、第3回ポプラ社小説大賞優秀賞を受賞した『ROCKER』で単行本デビュー。『ひと』が2019年本屋大賞第2位にランクインし、ベストセラーに。他にも多くの著作がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
☆
☆

3.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
ボクサー、タクシー運転手、警察官に、高校...

投稿日:2021/04/15 (木)

ボクサー、タクシー運転手、警察官に、高校教師。一見接点のない4人が主人公の連作です。4人それぞれが、ある夜に一歩悪い方へと足を踏み入れてしまいます。そこで、踏みとどまれた人と、衝動に流されてしまう人。過ちから善の方に方向転換できるか。人間との良い面悪い面を、率直に描いていて面白かったです。

はれ さん | 不明 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ウッディ さん

    犯罪の片棒を担がせられそうになったプロボクサー、料金を余分にもらってしまった女性タクシードライバー、反りの合わない上司のストレスで酒におぼれる警察官、夫からひどい仕打ちを受け、憧れの先輩に心が動く女性教師、そんな4人が交錯する一夜、善良な人たちの心に魔が差した時、彼らの 瞳に月は映っていない。小野寺さんらしくない、ダークな テイストの連作短編集でした。とは言え、独特のリズムある 文体でサクサク読めてしまう一冊でした。どんなに暗い夜にも、それに続く朝がやってくると思わせる、ラストに希望がありました。

  • fwhd8325 さん

    4つの4人の物語は、何だか後味の悪いものでした。それでも、この物語は必ずしもいいことばかりであるはずがない人生に現実感を持たせてくれます。これまで、人の善意が前面に感じられた小野寺さんの作品の中で、異色とも言えるのかもしれません。ラスト4人の今夜が語られるとき、月はどんな形をしていて、どんな色で輝いていたか、きっと、自分が見たかった月を思い浮かべるに違いないと思います。

  • ムーミン さん

    やっぱり読みやすい小野寺作品。ただ今回はいつもとは……、と思って読んでいましたが、最後にきてうるっときてしまいました。

  • Makoto Yamamoto さん

    どの作品でも優しく人を視ている著者のチョット新しいアプローチ。 夜が影響するのだろうか、優しい人達にも魔がさすことがあるのだろう、ボクサー、タクジョ(女性タクシー運転手)、警官、先生たちが思いと違った方向へ。締めでは布石をシッカリまとめてくれた。 さすが、小野寺ワールド。

  • シナモン さん

    ふとしたことで人生は変わってしまう。そのきっかけが夜。夜は人の視界を狭める。感覚もおかしくなる。夜の怖さ、危うさを感じた。「やるべきことをやるしかない。ちゃんとやってればどうにかなる。見てる人間はちゃんと見てるから」多くの普通の人たちは日々淡々と過ごしていると思う。そんな人たちを爽やかに描いた今までの小野寺さんの作品とは違い、その裏側の心の弱さとか脆さをよく表していると思った。その分ちょっと暗めだけど、それぞれが迎えた朝に少し希望が見えたことが救いだった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

小野寺史宜

千葉県生まれ。2006年「裏へ走り蹴り込め」でオール讀物新人賞、08年「ROCKER」でポプラ社小説大賞優秀賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品