寅さんの列車旅 2 寅次郎旅人情篇 旅鉄BOOKS

山と溪谷社

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784635822077
ISBN 10 : 4635822079
フォーマット
出版社
発行年月
2019年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
シリーズ
:
追加情報
:
158p;22

内容詳細

「男はつらいよ お帰り 寅さん」が公開に合わせ、『男はつらいよ』シリーズに登場する記憶に残る鉄道シーンを、豊富なスチール写真と、セリフとともに振り返る。最新作を見る前の予習として、また寅さんに登場する年代物の鉄道を楽しむためにも、保存版の1冊。

目次
【第一章 鉄路を旅する寅次郎 名迷場面集】
○寅さんの鉄道写真館
○涙と笑い、出逢いと別れの柴又駅
○駅の名シーン回想録 駅は寅さんの、一世一代の大舞台!
○ローカル線は言葉も弾む 寅さん車内名言&迷シーン集

【第二章 寅次郎が愛した柴又を歩く】
○寅さんの愛した 故郷・柴又の人々
○下町電車 京成金町線に乗ろう
○柴又駅から、寅さんぽ
○「寅さん記念館」へ行こう
○柴又駅から、寅さんぽ

【第三章 寅次郎の足跡を探す旅】
○第22作「噂の寅次郎」の舞台へ 大井川鐵道を“寅鉄”旅へ
○第48作「寅次郎紅の花」の舞台へ 姫新線の旅路
○第17作「夕焼け小焼け」の龍野探訪
○第46作「寅次郎の縁談」讃岐路に探す寅さんの足跡
○郷愁誘う上野駅から旅へ
○第7作「奮闘篇」五能線へと人情旅を追う

【第四章 鉄道ランク別 男はつらいよ 全作品】

※本書は『旅と鉄道』2018年増刊4月号「寅さんの鉄道旅 人情と聖地巡礼編」を再編集したものです。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ひでお さん

    お正月映画は「寅さん」だった時代も過去になろうとしています。今公開中の映画「お帰り、寅さん」とセットで読むとノスタルジーに浸れること請け合いです。全国を旅した寅さんは、何度も列車に乗り、多くの人と触れ合いました。現在では、そんな汽車旅も、難しくなりましたが、またふらりと出かけてみましょうか・・・・

  • ターさん さん

    立て続けに“寅さん”関連の本を開いた。個人的には周期的にマイブームがやってくる。潜在的に『男はつらいよ』が好きなのである。自由に放浪の旅をしている“寅さん”に、自分の夢を託しているのだろう。第47作、場面は江ノ電・鎌倉高校駅。失礼した甥の満男に、「燃えるような恋をしろ。大声をだして、のた打ち回るような、恥ずかしくて、死んじゃいたいような恋をするんだよ!」と言う。こんなセリフが言えるような大人になりたかった。言えるのは、寅さんを真似て“青年!”と若者に声をかけることくらい。言った後で自分で照れちゃうけどね。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品