ねずみのでんしゃ ひさかたメルヘン

山下明生

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784893251763
ISBN 10 : 4893251767
フォーマット
発行年月
1982年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
22cm,38p

商品説明

明日から七つ子たちの“ちゅうがっこう”が始まります。
みんな、ちゃんと行けるかな?
ちゅー ちゅー ごーごー
 しゅっぱつしんこう!

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 舞 さん

    懐かしい(♡˙︶˙♡) 小さい頃何回も読んだし、読み聞かせてくれたな☺️ 家にあるかな??大好きだった。

  • ナヲ さん

    今年はでんしゃごっこをたくさんしたので、劇遊びはこれに決めようかなぁ。ページをめくるたび可愛い7つ子達です。そして唯一のハラハラ場面のヘビまでかわいい。

  • パフちゃん@かのん変更 さん

    学校に行きたがらない7つ子ちゃんたちをお母さんは電車ごっこにして連れていきます。ところが、反対側からへびが・・・

  • たーちゃん さん

    お母さんねずみ考えたなぁ。ちゅうがっこう(幼稚園のようなもの)に行きたがらない7つごちゃんを、電車のレールを作って楽しく行かせる。途中危ない場面も乗り切れて良かったです。息子も楽しく聞いていました。

  • 遠い日 さん

    岩村和朗さんの絵を求めて。「ちゅうがっこう」は「チュー学校」。初めて学校に上がる7つ子の子どもたちをなんとか安心、安全に登校させようとするおかあさんの工夫がすばらしい。その上、思わぬハプニングの場面では、この「電車」がとんでもないことになっていることが、おかしみを生む。手作り上手のおかあさんならではの、ひらめきに拍手!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

山下明生

1937年東京生まれ。瀬戸内海の能美島で育つ。京都大学文学部仏文科卒業。児童書編集を経て、1970年に『かいぞくオネション』発表。以後、幼年童話から長編作品、絵本の翻訳など幅広く活躍。海を舞台にした作品が多い。作品に『海のしろうま』(野間児童文芸賞推薦)『はんぶんちょうだい』(小学館文学賞)『島ひき

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド