死ぬまでに行きたい海

岸本佐知子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784884185435
ISBN 10 : 4884185439
フォーマット
発行年月
2020年12月
日本
追加情報
:
189p;20

内容詳細

焚火の思い出、猫の行方、不遇な駅、魅かれる山、夏の終わり―。“鬼”がつくほどの出不精を自認する著者が、それでも気になるあれこれに誘われて、気の向くままに出かけて綴った22篇。行く先々で出会う風景と脳裏をよぎる記憶があざやかに交錯する、新しくてどこか懐かしい見聞録。

目次 : 赤坂見附/ 多摩川/ 四ツ谷/ 横浜/ 上海/ 海芝浦/ 麹町/ YRP野比/ 鋸南/ 丹波篠山/ 初台/ 近隣/ 富士山/ 三崎/ 丹波篠山2/ 世田谷代田/ バリ島/ 地表上のどこか一点/ 大室山/ 暗がり/ カノッサ/ 経堂

【著者紹介】
岸本佐知子 : 翻訳家。訳書多数。著書も多数著しており、2007年『ねにもつタイプ』で第23回講談社エッセイ賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
翻訳家でもあり、文筆家の岸本佐知子さんの...

投稿日:2021/03/05 (金)

翻訳家でもあり、文筆家の岸本佐知子さんのエッセイ。気のむくまま出かけていったり、電車に乗って気になる場所へ行ったり。思い出の地をめぐったりします。岸本さんが撮った写真もたくさん掲載されており、自分が行ったことのないところもまるで歩いて巡ってきたような錯覚をおこします。読んでいると、別の世界に足を踏み入れたような不思議な感覚になります。

はれ さん | 島根県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • kaoru さん

    翻訳家岸本佐知子さんのエッセイ集。軽い気持ちで手に取ったが惹き込まれた。赤坂見附でのバブル期の会社員時代や上智大のキャンパスライフの描写には、東京という都市の持つある種の空虚さを感じる。父の故郷丹波篠山や上海旅行の思い出は鮮やかだが、「過ぎ去ったこと」への静かな哀しさが文章に滲み出ている。富士山や大室山への思い入れ、何ともおかしな幼稚園時代。初台に住んでいた時の危うい精神状態。『バリ島』にはオカルト的な不思議さも漂い、全体のトーンにどことなく彼女の訳書『掃除婦のための手引書』に通じるものを感じた。

  • どんぐり さん

    生まれてからいままで住んでいた街や、学校、会社のあった場所などを訪れ、その想い出から記憶をたどり、現在に重ね合わせる翻訳家のエッセイである。最初は、著者が会社勤めをしていた頃の「赤坂見附」。次いで、ボート小屋を背景に写っている少女のいた「多摩川」、通学で乗り降りした「四ツ谷」。ほかに全国でも珍しいアルファベット表記の「YRP野比」駅や、船のデッキにいるような「海芝浦」駅も出てくる。多くは東京とその周辺だが、その土地のことを知らなくても読むのに支障はない。→

  • 有 さん

    これは面白かった。岸本さんの記憶の欠片を岸本さんの足で見てまわるエッセイ集。岸本さんという人がどういう人かも知らないまま読み始め、出てくる場所も何もかも知らないものばかりでこれは私が読んで大丈夫かと不安に思うのも束の間。暢気な文章に肩肘張らずにくつろいで、ふとした比喩や表現に心を奪われる。懐かしかったり寂しかったり、岸本さんの目や心で見る世界はなんだかとても愛おしかった。記憶と今が混ざり合い、読む者の過去まで溶かされる。これまでの人生、無造作に転がる埃被った記憶の欠片を、丁寧に洗い出させる稀有な本だった。

  • アキ さん

    年を重ねると昔通った学校の周囲とか行きたくなるのは、岸本さんでもそうなのですね。超がつく程の出不精なのに、雑誌「MONKEY」でどこかへ行って見たままを書きたいですと自分の口が勝手に言ったことから始まった連載。お上品な中学・高校・大学の周囲は学生の頃見る視線と大人になってから見る視線が交錯しないのか、数十年経って街が変わったのか覚えているのは記憶なのか空想なのか。ルシア・ベルリン「掃除婦のための手引書」のような乾いた文章の風味が味わえるエッセイ集でした。ところで死ぬまでに行きたい海ってどこだったのですか?

  • kei-zu さん

    日常のトホホと妄想が交錯するキシモト・ワールド。今回は、出不精な著者が腰をあげてのエッセイで、著者自身によるスナップ写真もいつもと雰囲気が違います。 と思いきやのコロナ渦。やがて旅先は記憶の中のものとなって、現実と記憶と妄想も(より一層)曖昧になるような。 著者のエッセイを長く読んでいる読者としては、あの話し出てきた!あの場所はここだったんだ!と、キシモト・ワールドが広がる楽しさも感じられます。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

岸本佐知子に関連するトピックス

  • 楽しい話し、心がひりひりする話しを集約 ミランダ・ジュライが、飛行機で大スターの隣に乗り合わせ、もらった電話番号の紙切れの顛末を描いた「ロイ・スパイヴィ」。... HMV&BOOKS online|2016年02月10日 (水) 16:27
    楽しい話し、心がひりひりする話しを集約

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品