特別授業“死”について話そう 14歳の世渡り術

島田裕巳

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309616810
ISBN 10 : 430961681X
フォーマット
出版社
発行年月
2013年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
237p;19

内容詳細

誰も死んだことはないけれど、正面切って、考えてみました。社会を知り、自分自身を知り、この世の中で生きて行くために―。国語、社会、冒険、介護、生物…18人が紙上特別授業を開講!!今を生き抜くために必要な、18の見かた・考えかた。

目次 : 国語「私は鎖を抱くようにして生きていきたい」(和合亮一)/ 倫理「海外で亡くなった人を運ぶ仕事」(佐々涼子)/ 宗教「死を恐れること、人を葬ること」(島田裕巳)/ 冒険「生と死のせめぎ合う瞬間」(角幡唯介)/ 支援「生きるためのホーム」(森川すいめい)/ 生物「ウンコに学ぶ生き方・死に方」(伊沢正名)/ 介護「14歳の看取り―死にゆく人のためにできること」(川口有美子)/ 課外授業「蜘蛛の腹の中に」(畑正憲)/ 生活「家のなかにある死」(酒井順子)/ 芸術「死を刻む」(園子温)/ 科学「科学技術が生み出す死」(元村有希子)/ 現代詩「6つの死」(最果タヒ)/ 音楽「あるアイドルの死」(中森明夫)/ 日本史「中世人と、隣り合う死について」(本郷和人)/ ゆとり「生きながら生きる!」(湯山玲子)/ 物理「光速を超えて」(佐治晴夫)/ 現代社会「死を知らぬまま、死を“繰って”」(遠藤秀紀)/ 道徳「いのちの家来になる」(徳永進)

【著者紹介】
和合亮一 : 国語教師、詩人。1968年福島市生まれ。1998年、第一詩集『AFTER』で第4回中原中也賞受賞。2006年、第四詩集『地球頭脳詩篇』で第47回晩翠賞受賞。詩のみならず、評論、書評、コラム、校歌や記念賛歌、合唱曲の作詞も手がける。2011年の震災以降、Twitterにて「詩の礫」と題した連作を発表し続ける

佐々涼子 : 1968年神奈川県横浜市出身。ノンフィクションライター。早稲田大学法学部卒業。日本語教師を経てライターに。2012年『エンジェルフライト 国際霊柩送還士』(集英社)で開高健ノンフィクション賞を受賞

島田裕巳 : 1953年東京都生まれ。宗教学者、作家、NPO法人葬送の自由をすすめる会会長。宗教現象を中心に、幅広い視野から現代社会のありようを問う

川口有美子 : ALSを発症した母親のケアについて綴った『逝かない身体―ALS的日常を生きる』(医学書院、2009年)で、第41回大宅壮一ノンフィクション賞受賞。NPO法人さくら会副理事長、有限会社ケアサポートモモ代表取締役、日本ALS協会理事

角幡唯介 : 1976年北海道生まれ。早稲田大学探検部OB。朝日新聞社退社後に踏査して執筆した『空白の五マイル チベット、世界最大のツアンポー峡谷に挑む』で、開高健ノンフィクション賞、大宅壮一ノンフィクション賞、梅棹忠夫・山と探検文学賞受賞。著書に、新田次郎文学賞を受賞した『雪男は向こうからやって来た』、講談社ノンフィクション賞を受賞した『アグルーカの行方 129人全員死亡、フランクリン隊が見た北極』(以上、集英社)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ホッパー さん

    中高生向けの本ではあるが、大人が読んでも面白い。色んなジャンルの専門家たちが、死をテーマに語っている。1人で物事を多面的に考えるのは難しく、限界がある。沢山の人の話を一度に聞ける機会というのは貴重だと思えた。そのような本をもっと読みたくなる。

  • モリー さん

    あと三年で50歳になる私でも、生き直したい、という気持ちが湧いてきました。全ての章から共通して読み取れたことは、“生きることの中に、死が内包されている”という真理です。複数の識者が各々の視点から「死」を見つめ、「生」とは何かを炙り出して見せてくれます。今の私に一番突き刺ささったのは、湯山玲子さんの言葉でした。「生きながら死んでいる」人になっていないか?と問いかけられているように感じました。おそらくその自覚があったからなおさらそう感じたのでしょう。これからは、「人生のリミッターを外す」生き方を目指します。

  • 14番目の月 さん

    佐々さん目当てで手に取りましたが、全体的に面白かったです。 和合さんの祖母とのお別れのお話、森川さんの支援のお話、井沢さんのウンコの話(これは結構衝撃的)畑さん元村さん川口さんと多方面からわかりやすく死というものを考えさせられる内容でした。 これは中学生くらいの年代の子にぜひ読んでほしい。

  • fu さん

    人によって思うことはそれぞれ全然違うものなのだ。自分の死を思う人もいれば、身近な人の死、社会的な死(脳死判定、羊水検査)の定義を問う人、死から有限の生を感じる人。自分と価値観が異なる人の話のほうが印象に残る。

  • はげまる さん

    死について、しかも14歳というなんだか過敏そうな年代に向けて語るという刺激的な企画本。18人の専門家が登場するが多角的で面白い。例えば海外で死んだ場合どのような手続きがとられるのかという具体例であり、どのように死をとらまえるかという哲学であり、歴史上の死の重みの変遷であり。死との距離感、付き合い方、生のあり方が18通りの言葉で綴られとても興味深い。思えば、14歳ぐらいの僕は、怠け心から、面倒な毎日を一瞬で終わらせるたくて、不意打ちのような突然の痛くない死に憧れていた。本作と出会っていればどう感じたろう。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

島田裕巳

宗教学者、文筆家。1976年東京大学文学部宗教学科卒業。同大学大学院人文科学研究科修士課程修了。1984年同博士課程修了(宗教学専攻)。放送教育開発センター助教授、日本女子大学教授、東京大学先端科学技術研究センター特任研究員、同客員研究員を歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたもの

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

  • No!しか言わない沖縄でいいのか? 誤解だらけの基地問題、偏向するメディアなど、歴史研究者、海兵隊の政治顧問として、情熱を傾けてきた著者が沖縄問題の虚実... |2016年01月13日 (水) 17:54
    No!しか言わない沖縄でいいのか?
  • 入隊する韓流スターたち 人気絶頂にある20代の大物スターが、軍務のために約2年間入隊する。入隊した彼らはどんな日々を過ごしているのか。韓流ス... |2016年01月13日 (水) 15:04
    入隊する韓流スターたち
  • 流行語大賞は「爆買い」と「トリプルスリー」 その年の流行やトレンドを代表する言葉が選ばれる「新語・流行語大賞」の大賞が決定。ノミネート語も紹介すると同時に、流行... |2015年12月01日 (火) 18:09
    流行語大賞は「爆買い」と「トリプルスリー」
  • 資産を1円でも多く残すためのノウハウ 資産が5,000万円を超えたら知っておきたい節税のノウハウを相続に強い税理士が語る『金持ちファミリーの「相続税」対策... |2015年10月19日 (月) 12:19
    資産を1円でも多く残すためのノウハウ
  • 京セラ・KDDI創業者の名著 京セラとKDDIの創業者であり、JALを再生に導いた「経営のカリスマ」が人生の哲学を語った名著『生き方 人間として一... |2015年10月19日 (月) 11:45
    京セラ・KDDI創業者の名著
  • 『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』 葬儀や法要のこと、健康保険や年金のこと、相続手続のこと、預貯金等の名義変更のこと、相続税のこと。身近な方が亡くなった... |2015年10月16日 (金) 14:13
    『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』

おすすめの商品