ソードアート・オンライン 26 ユナイタル・リングV 電撃文庫

川原礫

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784049140354
ISBN 10 : 4049140357
フォーマット
出版社
発行年月
2021年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
abec ,  
追加情報
:
296p;15

内容詳細

「キリトさま……アスナさま……アリスさま。……お帰りなさいませ」
 セントラル・カセドラル八十階《雲上庭園》。そこでキリトたちを待っていたのは、懐かしい人々との再会だった。
 彼女たちを目覚めさせるため、そして《アンダーワールド》に迫る悪意の正体を突き止めるため、キリトは策謀渦巻く惑星アドミナへと飛ぶ。
 そのころ、《ユナイタル・リング》世界ではシノン、シリカたちにより、フィールドボス攻略戦の幕が切って落とされていた。キリトとアスナ、アリスという主戦力を欠きながらも善戦する一同だが、戦いは熾烈さを増していき――。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • (*'ω' *)@k_s さん

    ユナイタルリングとアンダーワールドを行き来する新章も5巻目、まだまだ続きそうだし、話の展開も面白くなってきました✨キリト達が不在でも、同じ時間軸でシノンやシリカ達が頑張っちゃうのね(*´艸`)〜久しぶりに聞いた「エンハンス・アーマメント」あぁ、アンダーワールド編を思い出します(笑)積読本からやっと脱出した1冊。続きは…まだまだ先ですね〜💦待ちますか〜笑

  • あっか さん

    新刊!今回はURとUWがちょうど半分くらい。URではシノンやシリカが、キリトやアスナがいなくても中ボス?退治に奮闘しまくり、UWではいよいよキリトとエオラインが宇宙へ!またまた謎登場人物が…もうUWから惑星アドミナにまで世界が広がり、新たな登場人物も出てくるしUR編は終わるのかしら?笑 わたしたちが知り得ない星王の軌跡を辿れる感じなのが良い。前巻の最後から今巻の最後が綺麗に繋がったけど、ますますエオラインの正体が気になる。シリーズを重ねて来てるけど相変わらずグイグイ読ませる面白さはすごい。次巻が楽しみ。

  • わたー さん

    ★★★★★今回のシリーズの何がいいかって、More DEBAN村の人たちにしっかりスポットが当たっていることで、これまでのヒロイックファンタジーから、ゲーム要素がより前面に押し出されていることに尽きると思う。ただ、同時進行的に物語が進むのは、氏の悪いクセが出てしまっているなあと。ただでさえ終わりの見えないストーリーが更に重厚になっていて、読んでいる最中はいいのだが、またこのあと何ヶ月も待たされるのかと思うと…いや、面白いのは言うまでもないのだが…

  • どんぐり@今日もいい日だっ さん

    エアリーにセルカ、ロニエ、ティーゼ。涙涙の再会。全ては200歳の星王キリトが記憶消去の直前の一言から。一区切りの巻かと思う。進行スピード、巻を重ねるごとの主要キャラのチート化など辛口レビューがどうしても出てきてしまうが、書きたいものを自身の速度で描いて欲しいものである。やはり次巻も楽しみだ。

  • キリル さん

    今巻も二つの世界の話が並行で進んでいきました。ユナイタル・リングではシノンやシリカたちが主戦力を欠いた状態でボス戦に挑みました。キリトやアスナがメインで指揮と火力も担当するというイメージが強いキリトチームですが、二人が居なくても大丈夫なくらい個々の実力の高さととチームとしての安定性を改めて感じました。シリカ視点で進むボス戦の描写と指揮官としてのシノンの活躍がよかったです。UWでは、黒幕の登場やセルカたちの復活などありましたが、気の遠くなる試行錯誤の末、約束が果たされたエアリーと飛翔盤の話がよかったです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

川原礫

『アクセル・ワールド』で第15回電撃小説大賞「大賞」受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

川原礫に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品