言語学バーリ・トゥード Round 1 AIは「絶対に押すなよ」を理解できるか

川添愛

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784130841016
ISBN 10 : 4130841017
フォーマット
出版社
発行年月
2021年07月
日本
追加情報
:
210p;19

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • molysk さん

    「押すなよ、絶対に押すなよ!」――上島氏の叫びを、人工知能は理解できるのか?言葉そのものが表す内容が「意味」、話し手が聞き手に伝えたい内容が「意図」。両者が一致しないとき、人工知能が抱える課題とは。ほかにも、あいさつ研究、相互知識、普遍文法といった言語学の様々な話題で、ポルトガル語で「何でもあり」を意味する「バーリ・トゥード」の名にふさわしい内容。敷居をぐっと下げるのが、筆者の軽妙な語り口で、不惑越えの世代は懐かしのネタ、中でもプロレスネタが満載。「バーリ・トゥード」は格闘技用語なんだそう。知らんがな。

  • けんとまん1007 さん

    言語学というと、少し遠い分野であるように思うが、川添さんの文章は、それをぐっと身近なものにしてくれる。述べられていることは、とても深いものがありながら、表現の力おいうか、文体の力で頭の中に映像が浮かぶ。言語は、毎日、使っているものであり、日々、変化していくもの。それでいて、どこか不変なものもある。だから、通じるのだろうと思う。ROUND1とあるので、続編が楽しみ。

  • venturingbeyond さん

    「東京大学出版会創立70周年記念出版」と帯にあるが、いいのか東大出版会。とはいえ同世代の著者ゆえ、全編で採り上げられるくすぐりネタ(特にプロレス・格闘技ネタ)は、STO先生(P27注Aにある通り、人文屋にとっては業界屈指のセメントレスラー!)とは違い、自分にとっては注釈なしでニヤリとするものばかり。言語学のレンジの広さを日常の中のたわいもない話題から読者に伝える芸はたいしたもの。アカデミズムをゆるく一般読者につなげる評判通りの好著でした。

  • あおでん@やさどく管理人 さん

    副題のAIに関するもののほか、ユーミンの曲を「恋人『は』サンタクロース」と勘違いしがちな理由など、様々な切り口から言語学に関する話題を紹介している。面白かったのはキャッチコピーなどの「変な文探し」。「カワイイは作れる」のような文法的には少し不自然なものが紹介されているが、むしろちょっとした違和感を抱かせて注目させることが、キャッチコピーの目的に合っているのかなとも思う。こうして見てみると、言語学のネタになりそうなものは身近にたくさん転がっているのだなと感じられる。

  • Sam さん

    言語学者のエッセイ。東大出版会の月刊誌に連載されてたらしいが堅苦しいところはなく気楽に読めてなかなか楽しい。なかでも「ニセ英語の世界」が秀逸。それと、“「生き字引」と言うべきところを「部長は我が社の地引網ですね」と言ってしまった”という話があって笑えたのだが、これを読んで30数年前新入社員のとき大先輩の女性社員に「生き字引ですね!」といったらあとで指導員からぶん殴られたことを思い出した。本来は褒め言葉なんだろうけど、実際使うときは文脈や相手を見なきゃいけないっていう教訓だった。言葉は難しい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

川添愛

九州大学文学部、同大学院ほかで理論言語学を専攻し博士号を取得。津田塾大学女性研究者支援センター特任准教授、国立情報学研究所社会共有知研究センター特任准教授などを経て、言語学や情報科学などをテーマに著作活動を行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

語学・教育・辞書 に関連する商品情報

おすすめの商品