伊豆の踊子・泣虫小僧 21世紀版少年少女日本文学館

川端康成

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062826594
ISBN 10 : 4062826593
フォーマット
出版社
発行年月
2009年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,277p

内容詳細

文豪たちの香り高い文章を味わえる明治の傑作短編を収録した、児童向け日本文学全集の決定版。本巻には、川端康成の「伊豆の踊子」、林芙美子の「泣虫小僧」など全5編を収録。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 訪問者 さん

    恥ずかしながら「伊豆の踊子」は今回が初読である。実は川端康成先生は「雪国」もまだ読んでいない。林先生の「泣虫小僧」も初読であるが、なかなか面白かった。「放浪記」も読んで見たいものである。

  • Jackie さん

    宮本輝の本で絶賛されていた川端康成の有難うが読みたくて借りてみた。少年少女に理解できるのだろうか…

  • k さん

    「風琴と魚の町」「泣虫小僧」

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

川端康成

1899(明治32)年、大阪生れ。東京帝国大学国文学科卒業。一高時代の1918(大正7)年の秋に初めて伊豆へ旅行。以降約10年間にわたり、毎年伊豆湯ケ島に長期滞在する。菊池寛の了解を得て’21年、第六次「新思潮」を発刊。新感覚派作家として独自の文学を貫いた。’68(昭和43)年ノーベル文学賞受賞。’

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品