はっぱのおうち 幼児絵本シリーズ

征矢清

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784834002966
ISBN 10 : 4834002969
フォーマット
出版社
発行年月
1989年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
22cm,23p

商品説明

雨の中、さちが木の葉の家で雨やどりをしていると、カマキリ、チョウ、コガネムシも雨やどりにやってきました。小さな虫たちとの交流を静かに描きます。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • masa@レビューお休み中 さん

    【再読】しとしとと雨が降る日には、林さんの絵本が読みたくなる。少女のキュートな仕草や行動はもちろん、どこか幻想的で子供時代にしか体験できないような世界観がうつくしいんですよね。ほっぺを指でさしたり、鼻に指をつっこんだり、前屈みになったり…。そんな風景を眺めているだけで、ほっとひと息つくような安らぎをおぼえます。場面転換がないのに、ここまで魅せられるのは、やはり林さんの絵だからこそななんだろうなぁ。たぶん読んでいるうちに少女を見ているのではなく、自分自身が少女になって、この世界を見るようになるんでしょうね。

  • Kawai Hideki さん

    雨宿りの場で繰り広げられる群像劇を通じ「かわいさは正義」と教える絵本。突然ぽつぽつと降り出した雨で葉っぱのおうちに逃げ込む女の子。しかし、そこにはカマキリが先客としていたのだった。そのカマキリに対して女の子がかける言葉は「いや、いや。こっち こないで。あっち むいて。」まるでアメリカ原住民とアメリカ人の歴史が繰り返されているようだ。平和的に向こうを向くカマキリは紳士。以降、葉っぱのおうちは「さちの家」となり、ちょうちょ、こがねむし、てんとうむし、ありなどを傘下におさめていく。娘のコメントは「はっぱはっぱ」

  • nakanaka さん

    突然の雨がもたらしてくれた微笑ましい出会い。木が作ってくれた葉っぱの家で雨宿りをしていたさちが昆虫たちと居合わせる話。心温まる優しいお話です。

  • momogaga さん

    【おとなこそ絵本】読む時代ごとに色々は発見があります。今回は「SDGs」のことを思い浮かべながら読みました。

  • 14番目の月 さん

    誕生日プレゼントとして購入。林さんの描く女の子が可愛くて大好きです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品