フィギュアスケートとジェンダー ぼくらに寄り添うスポーツの力

後藤太輔

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784768458310
ISBN 10 : 4768458319
フォーマット
出版社
発行年月
2018年04月
日本
追加情報
:
216p;19

内容詳細

朝日新聞現役記者がつむぐ、スポーツと平和を愛する人から生まれる言葉たち。

目次 : 1章 フィギュアスケートとジェンダー(フィギュアスケートの母マッジ・サイアーズから浅田真央への道筋/ 世界や日本をとりまく性的少数者とスポーツの課題 ほか)/ 2章 スポーツから始まる友好(スケートを介した日中韓の深いつながり/ 日本フィギュアスケートを支えた旧ソ連との交流 ほか)/ 3章 ぼくらに寄り添うスポーツの力(フィギュアメダリストらに学ぶ人生のヒント/ 貧困、虐待、難病―子どもたちを救うスポーツの力 ほか)/ 4章 社会を変えるスポーツの力(誰もが楽しめるスポーツを―パラリンピックの価値/ ロンドン、リオデジャネイロから考えるパラリンピック後の課題 ほか)/ ぼくらが目指す2020東京五輪パラリンピックのゴール―あとがきにかえて

【著者紹介】
後藤太輔 : 朝日新聞社記者。1977年生まれ。大分県別府市出身。フィギュアスケート、パラリンピック、サッカーなど担当。2002年、早稲田大学を卒業し朝日新聞社に入社。11年から東京本社スポーツ部。18年4月からオピニオン編集部(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Koning さん

    えっと、タイトル詐欺。正しくはスポーツと社会のかかわり方とかそういうべき内容。フィギュアスケートとジェンダー(あるいはジェンダーアイデンティティとセクシュアリティ)は本当に軽くそこを起点に別のスポーツ関係者にってだけだった。実際それだけで済ます訳にはいかん(特に2020年のオリンピック・パラリンピックを控えてってことだと思うが)という気持ちが強すぎたのだなと。そういう意味でもこのタイトルは逆効果だったと思う。坂本さんの継続的な取り組みとかさ、埋没しちゃうよ?

  • 澤水月 さん

    フィギュア記事で知られた後藤記者は大阪二児餓死事件の祖父(有名競技監督だが発達障害の娘に育児を完全に任せあの惨事に…根本原因者と自分は考えている)に取材経験あったと知り驚愕。スポーツは社会的弱者、特に子供にどう関われるのかがテーマなのだろう。羽生のことも「教室開き自身の競技で親睦」に留まらず「継続し」被災者や弱い立場の子供らを倫理・教育・経済貧困から救う行動者の日本でのロールモデルになるかと見守っている様子伺えた。米の競技者・運営の直接的な継続親睦からの教育(薬禍防止まで!)紹介多く、題名部は一章のみ

  • みずほ さん

    ★★★★☆ 図書館本。フィギュア記事でお馴染みだった後藤さんの本。第一章では日本フィギュア界の礎となった人達の努力が紹介され、国民栄誉賞受賞のときの羽生選手の「フィギュアスケート界の偉人の方々がこれまで切り開いてくださったからこそ」というコメントを思いだす。第二章では日韓のスピスケの交流などが書かれている。第三章、四章は、スポーツの効用や社会貢献について書かれていてあまりフィギュアと関係ない。まあまあ面白いが、書名と内容が合ってないのに違和感。副題「ぼくらに寄り添うスポーツの力」が書名の方がよかったのでは

  • きゃべつ さん

    タイトルと表紙のイラストほどフィギュアスケートの本ではなく、フィギュアファンを引きつけるための「釣り」といわれても仕方がない。内容としてはスポーツ全般における、アスリートと一般人の関係など興味深い内容も多々あるのに、タイトルがこれでは勿体ない。

  • Miki Shimizu さん

    これ、看板に偽り有。やな。フィギュアスケートについては、まぁ、所々でてくるものの、ジェンダーについては、いったいどこに?!はじめのオリンピックにLGBTを表明して出た選手がいます。と、最後の拒食症の選手がいます。くらい?あとは、スポーツすげー!社会貢献しまくりー!って話しかな?国際貢献もしてるし、困っている人たちを助けまくりん!だまされた。ジェンダー話を期待してたのに。著者はジェンダーの意味わかってるのか疑惑。笑

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

後藤太輔

朝日新聞社記者。1977年生まれ。大分県別府市出身。フィギュアスケート、パラリンピック、サッカーなど担当。2002年、早稲田大学を卒業し朝日新聞社に入社。11年から東京本社スポーツ部。18年4月からオピニオン編集部(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品