小説は何処から来たか 21st Century Edition

後藤明生

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784908624087
ISBN 10 : 4908624089
フォーマット
出版社
発行年月
2020年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
327p;21

内容詳細

「なぜ小説を書くのか?それは小説を読んだからだ」独自の小説論を提唱し実践してきた小説家・後藤明生が、これまでに発表した原稿を自らREMIXして、日本近代文学史の書き直しに挑んだ小説論の集大成。

目次 : 日本近代小説の夢と現実―二葉亭四迷/ 喜劇としての近代―日本文学とロシア文学/ 二十世紀小説としての新しさ―夏目漱石/ 方法としてのテキスト―芥川龍之介/ 「生理学」の方法―永井荷風/ 「都市小説」の構造―宇野浩二と永井荷風/ 夢のプログラム―宇野浩二と牧野信一/ 自意識の喜劇―横光利一/ 反復と引用のエクリチュール―太宰治/ 超ジャンルと楕円1―花田清輝/ 超ジャンルと楕円2―武田泰淳/ 文体的思考―鮎川信夫/ フィクションの変奏―丸谷才一/ 「戦中少年」の体験と方法―古井由吉/ ジャンルと形式の起源1/ ジャンルと形式の起源2

【著者紹介】
後藤明生 : 1932年4月4日‐1999年8月2日。朝鮮咸鏡南道永興郡(現在の北朝鮮)に生まれる。13歳で敗戦を迎え、福岡県朝倉郡甘木町(現在の朝倉市)に引揚げるが、その間に父と祖母を失う。旧制福岡県立朝倉中学校に転入後(48年に学制改革で朝倉高等学校に)、海外文学から戦後日本文学までを濫読し「文学」に目覚める。53年、早稲田大学第二文学部ロシア文学科に入学。55年、小説「赤と黒の記憶」が第4回・全国学生小説コンクール入選作として「文藝」11月号に掲載。58年、博報堂に入社。59年、平凡出版(現在のマガジンハウス)に転職。62年3月、小説「関係」が第1回・文藝賞・中短篇部門佳作として「文藝」復刊号に掲載。67年、小説「人間の病気」が芥川賞候補となり、その後も「S温泉からの報告」「私的生活」「笑い地獄」が同賞の候補となるが、いずれも受賞を逃す。68年3月、平凡出版を退社し執筆活動に専念。89年より近畿大学文芸学部の教授(のちに学部長)として後進の指導にあたる。99年8月2日、肺癌のため逝去。享年67(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 三柴ゆよし さん

    再読。十年ほど前に読んだときには、おもしろい本だな、という程度の感想しかなかったはずだ。しかし、いま読み返すと、これはおそろしく人を喰った書物である。解説で樫原辰郎氏が述べておられるとおり、本書は後藤明生の過去の小説論、作家論をテーマ別に並べた「自選ベストアルバム」のような構成になっている。私たちはふだん、気になっているミュージシャンの曲をまとめて聴きたいと思った場合、得てして、まずはベスト盤から、と考えがちだから、では後藤明生の評論を読むならとりあえずこれを、という具合に薦めたくなるのが人情だ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

後藤明生

1932年4月4日‐1999年8月2日。朝鮮咸鏡南道永興郡(現在の北朝鮮)に生まれる。13歳で敗戦を迎え、福岡県朝倉郡甘木町(現在の朝倉市)に引揚げるが、その間に父と祖母を失う。旧制福岡県立朝倉中学校に転入後(48年に学制改革で朝倉高等学校に)、海外文学から戦後日本文学までを濫読し「文学」に目覚める

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品