血の轍 10 ビッグコミックスペリオール

押見修造

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784098607914
ISBN 10 : 4098607913
フォーマット
出版社
発売日
2021年01月29日
日本
追加情報
:
256p;18

内容詳細

ママの圧倒的抑圧から解放された靜一は1?

警察に出頭したママが逮捕され捜査が始まった。
あの日のことを実況見分で回想していた静一は、
自分が幼い頃に従兄弟のしげると同じようにママに高台から
突き落とされた衝撃の記憶が蘇るーー!

それから徐々にママの呪縛から心が解放され、
再び吹石さんと接触をはかり、安らいでいく静一。
このまま、新しい希望の日々が訪れるかと思ったとき
静一のもとへ思わぬ訪問者がーー!?


【編集担当からのおすすめ情報】
累計(紙+電子)125万部大突破!各界で話題沸騰の衝撃毒親譚は超重要局面へ突入!

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 神太郎 さん

    母静子が逮捕され、犯罪者の子供ということで、周りからとやかく言われる描写やらなんやらは描かれるだろうなと思うも、ようやく母の呪縛から解かれていくのかという安堵もある。吹石もなんやかや静ちゃんに寄り添ってくれるようだが、共依存のような危うさも秘めている。しかし、押見さんはそこから数年後みたいにはせず、まだまだ静ちゃんに試練を与えたいようだ。しげちゃんの来訪と意味のわからぬ言動。そして、母の幻想。まるでラスボスのような母の存在。それだけ静ちゃんのなかの「ママ」は強大なのだ。もう一波乱来そうな展開!

  • にゃむこ@読メ9年生 さん

    5巻までは感想登録、6〜9巻の感想は書いてないが(読メをお休みしていたため)読み続けていた。 さて今巻の感想。ママの圧倒的な支配下から解放された静一が胸の内をぶちまける。吹石さんの存在が束の間の安穏をもたらすが、後半は静一の幻影によるママの支配再び。セリフが少ないだけに、描写から伝わる静一の絶望感がすごい。バッドエンドに向けてフルスロットルの感じ。

  • 海恵 ふきる さん

    静一がやっと自分の気持ちを認められるようになっても、静一の中の静子の存在は大き過ぎる。

  • 地下鉄パミュ さん

    おかんの言ってる事は静ちゃんに聞かせちゃあかん奴。逃げる場所があるだけ救われてる気もするけど、それすらどうなるのか分からないんだけど。展開的には本当になんなん?となると思います。

  • ライアン さん

    静ちゃんは自分を取り戻し、吹石さんも戻り、これで・・・と思いきや、これは一体何なん?、また破壊が待っているのか?

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

押見修造に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品