日本テレビ「news every.」取材班

人物・団体ページへ

共に、前へ 羽生結弦 東日本大震災10年の記憶

日本テレビ「news every.」取材班

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784396617530
ISBN 10 : 4396617534
フォーマット
出版社
発行年月
2021年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
248p;19

内容詳細

「news every.」が追い続けた記録。2011年から10年間、羽生結弦は何を思い、感じてきたのか。そして、羽生が触れた被災地の思いとは。

目次 : 第1章 2011年3月11日 16歳/ 第2章 揺れる思い 2011年〜2012年2月 16歳〜17歳/ 第3章 葛藤 2012年3月〜2013年2月 17歳〜18歳/ 第4章 金メダルの「無力感」 2014年 19歳/ 第5章 感謝の旅 2014年 19歳/ 第6章 福島へ―伝える「使命」 2015年〜2016年 20歳〜21歳/ 第7章 復興に重ねた連覇への道 2014年〜2018年 19歳〜23歳/ 第8章 再会“ふるさと”楢葉で 2018年 23歳/ 第9章 日本全国が“地元” 2019年 24歳/ 第10章 動き出した“時間” 2020年 25歳/ 第11章 東日本大震災から10年 2021年 26歳

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
1人の男の子がどう震災と向き合って生きて...

投稿日:2021/11/03 (水)

1人の男の子がどう震災と向き合って生きてきたかの記録です。どっぷりスケート漬けの話を期待して開くと拍子抜けかもしれませんが、羽生結弦ファン必携の一冊ではないでしょうか。

たたん さん | 神奈川県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 澤水月 さん

    14年ソチ五輪「金」獲得時「無力感」述べた言葉の重み。16〜26歳、TVに映されなかった被災地の方との交流。滑っていていいのか?という葛藤を長く抱えつつ、実際に見てはいなかった津波被災地や福島に志願し訪問、惨状を目の当たりに。年を経て発生する「行政による区切り」や人の断絶などを実感し、綺麗事ではない現実と複雑な感情を都度都度オーラルに言語化し、自らのものとして会得する様が凄まじい。敢えて金メダリストだから言えることを言い自他を鼓舞する。圧を感じつつ勝つべき時に勝つ。負い過ぎではと思わせない覚悟、見守るしか

  • athnete10 さん

    練習を信じすぎない―なるほどなと思った。そして、負けず嫌いなところはさすがオリンピックメダリストだなと思った。イメージとのギャップ。

  • ゆうず さん

    ★★★★★ 恐縮ながら番組の特集映像を全ては拝見できていないので、今回初めて知ったエピソードや発言もあり、とくに2015年の福島取材が羽生選手の希望だったというのには感銘を受けました。N杯に行けないかわりに贈答用布教用などに何冊か買い足しておこうかな。 取材班様には10年を区切りとせず、今後も被災地を伝える素晴らしい取組を継続いただきたいです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品