財政爆発 アベノミクスバブルの破局 角川新書

明石順平

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784040824017
ISBN 10 : 4040824016
フォーマット
出版社
発行年月
2021年04月
日本
追加情報
:
368p;18

内容詳細

株高、高就職率、いざなみ景気超え…と喧伝されてきたアベノミクス。検証もないまま、現政権もその路線を継承するとしているが、実際はどうだったのか。統計の信頼性を破壊し、未来に莫大なツケを積み上げ、コロナで爆発寸前となった金融政策の実態を、多くの図表を用いて、わかりやすく提示する。

目次 : 第1章 アベノミクスとは何か/ 第2章 ソノタノミクス/ 第3章 賃金偽装/ 第4章 偽りの成果達/ 第5章 アベノミクスの副作用/ 第6章 新たな楽観論・MMT/ 第7章 日本は何から逃げてきたのか

【著者紹介】
明石順平 : 1984年、和歌山県生まれ、栃木県育ち。弁護士。東京都立大学法学部、法政大学法科大学院を卒業。主に労働事件、消費者被害事件を担当。ブラック企業被害対策弁護団事務局長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
明石順平氏の著書には、 問題意識が拡散す...

投稿日:2021/04/14 (水)

明石順平氏の著書には、 問題意識が拡散する。 「アベノミックス」によって何がどう変わったか? 究極の失敗と、先送りの見せかけが 氏の著書では分かりやすく顕在化する。 「金融緩和」が招いた悲劇は、 終わりなき喜劇の始まりに過ぎない。

ハッチ さん | 愛知県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 訪問者 さん

    日本の財政あぶない派の赤石順平氏の最新作である。アルゼンチンで起こったような国債の投げ売りではなく、為替相場が円安に振れることで円の暴落になるという主張である。財政大丈夫派は日銀が国債を引き受ければ大丈夫だと言っているが、国の特別会計を見る限り国債残高はそのままであるし、残高を維持するための借換債の発行は莫大な額になり、一般会計の歳出を圧迫している。赤石氏の主張は正しいと思うのだが、現在は世界中で財政出動しているため為替相場は維持されている。これがコロナ後、果たしてどうなっていくのだろう。

  • はらへねこ さん

    主張自体は既刊「データが語る日本財政の未来」「ツーカとゼーキン」ですでに語られてる内容だが、一冊でコンパクトにまとめたもの。今回もおさらい目的で読んだ。日本財政の悪化はもはや後戻りできない状況で、あとはどうクラッシュを迎えるかだけの状況。自分にできることはダメージの最小化ぐらいか。逃げ道がだいぶ限られてきた感じ。

  • じろう さん

    事細かに書かれているぶんあまり素人には面白くなかった。経済学の知識があればすんなりと入ってくるんだろうけれど。でもアベノミクスのイカサマぶりには腹を立てているので知識が増えてよかった。

  • Akiro OUED さん

    日銀が国債を爆買して利回りを低く抑え込んでる。んで、日銀の原資は何か?日本国民が政府を信認している間は、利率は上がらないよ。戦後の高度成長期は、国債発行ゼロでやれたからといって、国債を減らせって?大暴論だね。新幹線も東名・名神高速も、世銀に借金して建設したこと、知らんのだな。

  • Go Extreme さん

    アベノミクスとは何か:3本の矢 マネ−ストック 消費低迷 ソノタノミクス:歴史の改ざん 改定によって目標達成可能に 内訳に近い表 家計消費の衝撃的かさ上げ 賃金偽装:算出方法が違うデータをそのまま比較 賃金の異常な伸び 日雇い外し 都合のいい数字は遡及 偽りの成果たち:賃上げ2%は全労働者の5% アベノミクスの副作用:驚異の60年償還ルール 金利が上がればオシマイの財政 新たな楽観論・MMT:銀行危機と国家債務危機 日本は何から逃げてきたのか:王負担国と日本で違う点 人口予測 先人達を恨んでください

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

明石順平

1984年、和歌山県生まれ、栃木県育ち。弁護士。東京都立大学法学部、法政大学法科大学院を卒業。主に労働事件、消費者被害事件を担当。ブラック企業被害対策弁護団事務局長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品