きずなの兄弟と鎌倉殿 曽我物語 講談社青い鳥文庫

時海結以

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784065258323
ISBN 10 : 4065258324
フォーマット
出版社
発行年月
2021年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
192p;18

内容詳細

強いきずなで結ばれた兄弟の生きざまを描く古典「曽我物語」。曾我兄弟の父のかたき・工藤祐経は、鎌倉殿(源頼朝)のお気に入り。しかも、鎌倉殿と兄弟のあいだには、祖父の代からの因縁がある。かたきを討とうとすれば、鎌倉殿に、かならず命をねらわれる―。先のない人生とわかっていながら恋に落ちる兄・十郎。まっすぐに目的を果たそうとする弟・五郎。二人の運命は?小学上級・中学から。

【著者紹介】
時海結以 : 長野県生まれ。歴史博物館にて、遺跡の発掘や歴史・民俗資料の調査研究職にたずさわったのち、作家デビュー。日本児童文学者協会、日本民話の会に所属

久織ちまき : 新潟県生まれ。漫画家&イラストレーター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • はる さん

    三大あだ討ちですが、内容は全く知りませんでした。少し理解できました。伊東祐親にすべての原因があると思います。なので、あまり知名度がないのかなあ。

  • HASE, Moto さん

    12世紀末、源氏が平氏を討ち滅ぼして幕府を建てる頃に起こった、曽我兄弟の仇討ち事件。父の仇である工藤祐経は頼朝の重鎮で、工藤を討てば兄弟の命はない。 それでも仇討ちを敢行した曽我兄弟の物語の、素晴らしく見事なリライト。すごい。 真名本を読んだ時点で「何て生き生きとした物語なんだろう」と感じた『曽我物語』が、総ルビ&挿絵たっぷりの青い鳥文庫版になっており、やっぱり登場人物のキャラが立ってて魅力的だし、現代語で読みやすい分えぐいほど刺さってくる……。 表紙の太刀は薄緑丸=膝丸。本文に髭切も登場した。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

時海結以

長野県生まれ。歴史博物館にて、遺跡の発掘や歴史・民俗資料の調査研究にたずさわったのち、作家デビュー。日本児童文学者協会、日本民話の会に所属(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

時海結以に関連するトピックス

  • 『はたらく細胞』ノベライズ第2弾! 細胞の数だけ仕事(ドラマ)がある!続編は風邪、食中毒といった症状や、消化器のはたらきもよく分かる内容です。 HMV&BOOKS online|2019年06月06日 (木) 10:00
    『はたらく細胞』ノベライズ第2弾!

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品