難病日記 角川文庫

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784041437193
ISBN 10 : 4041437199
フォーマット
出版社
発行年月
2000年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
15cm,292p

内容詳細

「朝、思いがけず自力で布団の中から這いだし、トイレに立つことが出来た。そして洗面も一人で出来た…」薬の副作用による幻覚に苛まれながら、日ごと肉体から力を奪い取るパーキンソン病と闘った日々。その日一日の一挙手一投足に一喜一憂しながら周囲の人を思いやり、神に祈りを捧げ、長編『銃口』の執筆に情熱を注いだ三年間。三浦文学のファンのみならず、病など苦しみにあるすべての人を勇気づける日記文学の結晶。

目次 : 第1章 病をも神が命じ給うならば/ 第2章 はらから相睦みて美しき/ 第3章 主よ御国を来らせ給え/ 第4章 二本の足で立つことの喜び/ 第5章 驚く目をもっていれば

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 三代目 びあだいまおう さん

    三浦さんの作品は『塩狩峠』しか読んでません(恥) 読友さんの紹介で『氷点』他本作を知りました。氷点や銃口を読む前に著者を少し知りたくて本作を読みました。パーキンソン病という、自身の未来に暗雲立ち込める告知に『神が命じ給うのであれば、主よ、お従いします』と、日記には微塵の不条理も載っていない。伝わってくるのはご主人の至上の愛と献身、友人の多さと著者の『ありがたし』と表する感謝の数々。難病に侵されながら書き上げた『母』や『銃口』読まずに死ねるか❗ちょっと嬉しかったのは灰谷健次郎さんから三浦さんへの手紙‼️🙇

  • 真香 さん

    実家本。以前、パーキンソン病を患っていた身内がいた。原因不明で完治が難しく、何十年単位で緩やかに進行していく病気。自分はその身内のお世話をしていたわけではないので表面的なことしか知らなかったが、介護する方もされる方もどちらも想像以上に凄絶だと本書を読んで改めて感じた。厳しい病気にもかかわらず、強さと高潔さと周りへの感謝を持ち続けて闘病していた著者は、お会いしたことはないけど凛とした素敵な女性だったに違いない。パーキンソン病に限らず病気と闘っている人、介護に携わっている全ての人が勇気づけられる内容だと思う。

  • ♡ぷらだ♡ さん

    読み友さんのレビューで気になった1冊。本書は、三浦さんが1992年にパーキンソン病と診断されたあとの日々を綴った日記。手足のしびれや転倒、体重の減少など症状が進み、寝たきり状態になるかもしれない不安と闘いながらも講演会や執筆活動を精力的に行っている姿に心打たれる。信仰が大きな拠り所になっていることは間違いないが、周囲への感謝の心を忘れず、希望を持ち続けることも大きな力となっているように思う。『氷点』のような作品を次々と生み出したその裏側にはこんな大変な闘病生活が隠れていたことを初めて知った。

  • Toshi さん

    パーキンソン病の日々が基調の日記抄。

  • epitaph3 さん

    220205/28冊目/パーキンソン病とともに歩む日々を描く。起伏の少ない筆致の中に、幸福、感謝、悲しみ、怒りがある。全体を通して、神に対する祈りが編み込まれている。人の日記を眺めるとはつまり、自身の生活への言葉の注入であり、振り返りを促す気持ちを高める。言葉との出会いの喜びよ。「楽しい人というものは、明るくて圧迫感を与えない。他者をおおらかに受け入れる。なかなか至り得ぬ境地なり。」(p235)私が目指す人物像に遭遇する。これも奇跡。読書の奇跡。大げさか。見たい言葉に注目するのは人の性か。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品