Laコンフィデンシャル 上 文春文庫

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784167527396
ISBN 10 : 4167527391
フォーマット
出版社
発行年月
1997年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
16cm,410p

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
☆
☆
☆

2.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
エルロイの本は好きで読み続けているが本書...

投稿日:2021/06/20 (日)

エルロイの本は好きで読み続けているが本書はわかりにくく、読み終えられなかった。登場人物の名前が複数使われており、途中で人物がわからなくなり読むことが苦痛になった。映画を見てはじめて内容が分かったが、感慨は特になかった。このミスで上位に選ばれているので時間をおいて再読してみようと思う。

浜っ子 さん | 愛媛県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ヴェネツィア さん

    時は1950年代の前半。山の手には虚構と幻想の都、ハリウッドが。そして郊外のアナハイムには今まさに夢の街ディズニーランドが建設されようとしていた。そして、幻の巷ならぬ、ここはLAのダウンタウン。暴力とドラッグと、ありとあらゆるこの世の不正が渦巻いている。本書は4部作シリーズの第3作目であるらしい。エルロイは初読なので知らずに読み始めたのだが、私のような読者はいきなり混沌の中に投げ出されることになる。これはこうしたクライムノベルだとは諒解しつつも、これについていくのは容易ではない。⇒コメントに続く

  • 扉のこちら側 さん

    2016年777冊め。【212-1/G1000】『ビッグ・ノーウェア』からだいぶ間をおいて着手したが、冒頭で前作の顛末が描かれるなかなかの幕開けである。複雑に絡み合う事件と、人、妄執。みんな腹に一物抱えていて黒い。作中時間は結構長いようだ。ところでシリーズ各作品で役者は違うのだな。下巻へ。

  • ゆいまある さん

    よ、読みにくい。エルロイってこんなに読みにくかったっけ。最初の150ページは頭に入らなくて、何度も読み返して時間がかった。固有名詞が凄い勢いで出てくるので誰が誰かすぐ分からなくなる。エド、バド、ジャックの3人に注意しながら読み進む。それもいろんな呼び方があるから気をつけて。やがて流れが見えてくるけど、ホモフォビアの白人男性が黒人をやたら殺す話で結構酷い。ブラックダリアをまた読んでる気分。今の所エルロイぽい切なさは薄くて、それぞれが幸せを手にしかかってるところ。残酷になると予測して下巻へ。

  • NAO さん

    登場するロサンゼルス市警の三人の警官たちは、三人三様のなんともすさまじいばかりの過去を背負っている。そして、冒頭で起きるクリスマスの事件も、目を疑いたくなるようなものだ。出世欲。暴力。歪んだ使命感。アメリカの闇の深さ。

  • みやこ さん

    歪んだ使命感。衝動的な暴力。出世欲に嫉妬。泥臭さ満載のロス市警の警官たち。彼らは平気で嘘をつき、自分の都合の良い話をでっち上げる。だが、自分自身に対しては率直で嘘はつかない。だから彼らの行為に眉を潜めても、嫌悪するには至らない。各々が掲げる正義があって、それが噛み合わないから、同じ事件を扱っていても真っ向から対立するハメになる。ありえない仮定だが、彼らが同じ方向を見て同じ志を抱いたら、とてつもない力を発揮できそうなのに。散りばめられた伏線が時々カチリとはまりながらも、幾つもの謎と混乱を抱えたまま次巻へ。→

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品