小説 ちはやふる 上の句 講談社文庫

有沢ゆう希

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062938426
ISBN 10 : 4062938421
フォーマット
出版社
発行年月
2018年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
224p;15

内容詳細

綾瀬千早は高校入学と同時に、競技かるた部を作ろうと奔走する。幼馴染の太一と仲間を集め、夏の全国大会に出場するためだ。強くなって、新と再会したい。幼い頃かるたを取り合った、新に寄せる千早の秘めた想いに気づきながらも、太一は千早を守り立てる。それぞれの青春を懸けた、一途な情熱の物語が幕開ける。

【著者紹介】
有沢ゆう希 : 1988年、静岡県生まれ。早稲田大学文学部卒業。出版社勤務を経て、作家、英日・独日の翻訳家として活動中

末次由紀 : 福岡県生まれ。1992年『太陽のロマンス』でなかよし新人まんが賞佳作を受賞してデビュー。2008年より「BE・LOVE」で連載を開始した『ちはやふる』で、2011年に第35回講談社漫画賞少女部門を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • あーさん★まおりゅうにハマってるよ!(≧▽≦) さん

    やはり、買った為( ̄〜 ̄;)再読。

  • あーさん★まおりゅうにハマってるよ!(≧▽≦) さん

    漫画とは違う目線で読んだ方が面白い。何せ漫画を短縮してる為。

  • マリリン さん

    競技かるたの世界が面白い。登場する句は祖父の口調を真似て下の句を2回音読(思い出せないのが多い)しながら楽しんだ。 全てに言える事だと思うが、かるたの世界も先ずは身体を作るというのが面白い。競技かるたの才能は...という部分も。かるた部を立ち上げた千早の「緊張と弛緩」には恐れ入った。この感覚は理解できる。集中力は天性のものななか。句に纏わる話や背景も書かれていて、子供でも百人一首の世界に手軽に触れる事ができる良本。大人が読んでも楽しい。

  • ばりぼー さん

    百人一首の「早押しウルトラクイズ」!競技かるたで全国大会を目指して情熱がほとばしる大ヒット青春映画のノベライズ。「ハッキリ分かったんです。青春ぜんぶ懸けたって、俺はあいつに勝てないって」「まつげくん、『このたびは』って歌知ってるだろう。お供え物を用意できなくて、せめてもの代わりに紅葉を供えますから、あとのご判断は神様にお任せします、っていう歌。神様だの運だのを語っていいのは、やれることを全部やった人間だけの特権なんじゃないかな。青春全部懸けたって、勝てない?まつげくん−−懸けてから言いなさい」

  • サウナ探偵 さん

    大好きな映画のノベライズ。原作漫画のキャラクターを想像しながら読むとおもしろい。 でも映画観た人向けのファン小説かな。映画未視聴の人はなんだこれ?ってなると思う。 薄くて文字が大きいので1時間で読めた。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品