こころに響く方丈記 鴨長明さんの弾き語り

木村耕一

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784866260334
ISBN 10 : 4866260335
フォーマット
出版社
発行年月
2018年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
12p;20

内容詳細

目次 : 第1章 川の流れのように/ 第2章 ある日、突然/ 第3章 とかく、人の世は、住みにくい/ 第4章 自然の中で、悠々と暮らす/ 第5章 形ではなく心を見つめる/ 京都へ行こう!方丈庵を訪ねて/ ラストは、長明さんの弾き語り/ 『方丈記』原文

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
鴨長明さんの時代はその時代ならではの様々...

投稿日:2021/03/07 (日)

鴨長明さんの時代はその時代ならではの様々な苦しみがあって現代はそういった苦しみはいくぶん減ったかと思いますが、現代は現代で人間関係や仕事上の苦しみ等があります。そういう意味では人間の苦しみが無くなることはないのかも知れませんね。 鴨長明さんは様々な苦難を経て苦しみがなくなることはないと悟られたようですが、最終的に暮された山小屋での暮らしはとても充実しているように見えます。 人生の中で苦しみを経験しながら鴨長明さんのようにある種の悟りに達することができれば良いななんて、この本を読んで感じました。

さまざん さん | 埼玉県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • みえ さん

    方丈記ってこういう内容なんだね。読みやすかった。

  • 黒猫 さん

    あっという間に読んでしまいました。口語訳がわかりやすく、こころに染み込んで来るようです。当時も地震で全て崩れさるところに鴨長明さんは無常を感じたのでしょうか。今のところ文明は進化しても心に拠りどころをもつ事が困難な時代は変わってないようです。最後の原文も日本人の心に染み込んでくるようです。行く川の流れはたえずしてしかももとの水にあらず。よどみに浮かぶうたかたはかつ離れかつ結びて一つにとどまりたる例なし。名文です。

  • 虹色 さん

    『方丈記』を分かりやすく、かみ砕いた意訳本。「ゆく河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず」冒頭の部分くらいは、なんとなく知ってる程度ですが、『こころ彩る徒然草』同様読みやすかったです。『方丈記』はおよそ800年前、58歳の長明が、自ら経験した五大災害(大火災、竜巻、遷都、大飢饉、大地震)後、仏教と深く関わり、人生観などを書き記したとのこと。筆者は、方丈記を通して、この世の儚さや無常を知った上で、前向きに生きていくことを伝えています。

  • 風里 さん

    試験に出る範囲しか知らなかったし知ろうともしなかった自分が恥ずかしい・・・ かの文豪たちも読み込み参考にした、災害記録本でもある方丈記。 今も昔も災害大国で、移り変わりの激しい世の中。 めげずに生きよう。

  • jima さん

    久しぶりに方丈記全文を読んだ。「ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。〜」

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品