古くて素敵なクラシック・レコードたち

村上春樹

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784163913834
ISBN 10 : 4163913831
フォーマット
出版社
発行年月
2021年06月
日本
追加情報
:
360p;17

内容詳細

世界を代表する作家が愛する音楽は……?

こよなく愛するクラシック音楽をLPレコードで楽しんでいる村上春樹さん。百曲以上の名曲を論じながら、作家の音楽観が披露される。

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

3.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
村上氏は音楽評論家ではないのでどういう内...

投稿日:2021/07/09 (金)

村上氏は音楽評論家ではないのでどういう内容の本だろうと入手したが、演奏評でもなく、録音評でもなく、かといってエッセイかというとそうでもない。どこかに書いてある蘊蓄を寄せ集めてきた感が否めない。読んでいて書いている演奏を聴いてみたくなるという感情も起こらない。著書も書いているが有名どころの指揮者ものもあまりないため同意できる箇所も多くない。誰に読んでもらおうと作ったのだろうか?タイトルにやられた感が半端ない。

浜っ子 さん | 愛媛県 | 不明

1
★
★
★
★
★
村上春樹さんが音楽を楽しそうに語っていま...

投稿日:2021/07/04 (日)

村上春樹さんが音楽を楽しそうに語っています。さぞかし良い音楽なんだろうと実際に聞いてみてもよくわからなかったりします。

クッキーガール さん | 神奈川県 | 不明

1

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • starbro さん

    私はハルキストでも村上主義者でもありませんが、村上春樹の新作をコンスタントに読んでいます。前回のTシャツ本と同じスタイルだと思い、書店を巡りましたが立読み出来る店は厳しく、漸く見つけて頁を捲ったら文章が長すぎて断念し、図書館に予約して読めました。著者はジャズのイメージが強く、こんなにクラシックに造詣が深く、幅広く聴いているとは思いませんでした。私は、クラシックは初心者なので、半分も理解していませんが、レコードのジャケットは複数枚ではなく、イチオシの1枚にした方が良かったと思います。7月は、本書で読了です。

  • 美紀ちゃん さん

    村上春樹さんの、おうちにあるLPレコードの内訳は、 ジャズが7割、 クラシックが2割、 ロック・ポピュラーが1割。 ジャケットが小澤征爾さんのやつがたくさんあって、若い。 とにかくたくさんのレコード。村上春樹さんのクラシックレコードに対する愛情を感じた。 私はApple musicのサブスクで音楽を聴いている。 検索すると出てくるので 聴きながら読んだ。 邦楽ロックが好きだが、 たまにはクラシックもいいなぁと思う。

  • Nobuko さん

    DJ村上春樹のRADIOを聴くようになった。春樹さんが選曲した音楽は私の琴線にふれる素敵なラインナップ。ある日の番組の最後に「僕にだって辛いことや、悩みだって、あります。」とこぼした。その一言は私には意外だったのだけれど、遠い存在から距離が近くなった気がして、村上作品に手が出るようになった。本書は春樹さん独自のセンスで選んだクラシック・レコード480枚を紹介。好きな人にはたまらないかもね。ジャケットがオシャレだし。机やカフェテーブル、どこに置いても小ぶりでかわいい。飾って眺めているだけでもいいって思う。

  • たいぱぱ さん

    会社の休憩室で洋楽ファンの同僚と音楽の話で盛り上がってると、他の同僚から「たいぱぱさん達が何言ってるのか?さっぱりわからない」と言われたことがありますが、まさにそんな一冊(笑)。ド素人の僕には指揮者で音楽が変わるってのが不思議です。ビートルズの歌をメタリカの演奏でサラ・ブライトマンが歌うようなもんなんだろうか?CDのプラスチックケースを眺めていても幸福な気持ちになれない。インターネット関連など語るまでもない。古いLPレコードにはオーラがあると序文で語られていますが、それはめちゃくちゃわかりますよ!

  • ポルコ さん

    それぞれの曲が演奏者や指揮者によって、これだけのバリエーションがあるなんてビックリ。すべて書き下ろしで、完全なる趣味的世界の評論集というか、よもやエッセイ文学だな。音楽を聴くように文章を楽しもう。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

村上春樹

1949(昭和24)年、京都府生れ。早稲田大学文学部卒業。 1979年、『風の歌を聴け』でデビューを飾り、群像新人文学賞受賞。

プロフィール詳細へ

村上春樹に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品