キャベツちゃんのワンピース ことばとえ

東直子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784251051028
ISBN 10 : 4251051025
フォーマット
出版社
発行年月
2020年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
32p;27

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • starbro さん

    本日、三省堂立読み第三弾、東 直子です。キャベツのワンピースは爽やかですが、少し幻想的で不思議な物語、ハッピーエンドで好かった。奇遇ですが、私は、朝市でキャベツ(最強の39円)を買い、庭で青虫をみつけました。

  • ままこ ❄️(しばらくは感想、本の登録のみ) さん

    満足げにキャベツ柄の素敵なワンピースをきている愛らしい女の子。実はこのワンピースは…。わたべめぐみさんの絵は品があって可愛いな。東直子さんのらしい摩訶不思議なお話。

  • ベーグルグル (感想、本登録のみ) さん

    東直子さん作。絵の可愛さに惹かれて手に取った。1歳のまりこちゃんがキャベツ柄のワンピースを着た途端、ありえない事のオンパレード。どうなる事かと思ったら、お母さんの機転で無事に解決。不思議とホラーテイストが混ざった絵本でした。キャベツ柄のワンピースは可愛いと思ったけれど、こうなったら怖い(笑)。

  • papapapapal さん

    あれ…怖いな。。かわいいお話かと思ったんだけど…ホラーだな。。一歳のまりこちゃんに着せて以来、脱がす事もできず、まりこちゃんと共に成長を続けるワンピース。よくよく見れば青虫がいっぱい……。いつの間にか、母親にまで「キャベツちゃん」と呼ばれるようになってしまったまりこちゃんの行く末は…?? こんなにざわつく絵本、初めてかも(笑)

  • aiaimo`olelo@しばらくゆるりと さん

    得体のしれない怖さでしばらく寝かしておいた絵本。再読してみました。 タンスの奥から見つけた、白地にキャベツ模様のワンピース。はじめて見る服だけど、サイズもぴったりでかわいい。だからお母さんはまりこちゃんに着せました。すると… ファンタジーでかわいい物語の中に、ホラーとポエムとサスペンスが入り混じったような不思議な絵本。今までにない絵本を創り出された歌人 東直子さん。絵本にはこんな新しい楽しみ方もあるのかもしれないと思わせられた。どちらかというと大人向けの絵本かな。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

東直子

歌人、作家。1996年第7回歌壇賞受賞。2016年『いとの森の家』(ポプラ社)で第31回坪田譲治文学賞を受賞。歌集、小説、絵本や児童書がある

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品