容疑者Xの献身 文春文庫

東野圭吾

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784167110123
ISBN 10 : 4167110121
フォーマット
出版社
発行年月
2008年08月
日本
追加情報
:
16cm,394p

商品説明

単行本刊行時のミステリベスト1と各賞を総なめにした名作。
運命の数式、命がけの純愛が生んだ犯罪。福山雅治主演のガリレオシリーズ。

天才数学者でありながら不遇な日々を送っていた高校教師の石神は、一人娘と暮らす隣人の靖子に秘かな想いを寄せていた。彼女たちが前夫を殺害したことを知った彼は、2人を救うため完全犯罪を企てる。だが皮肉にも、石神のかつての親友である物理学者の湯川学が、その謎に挑むことになる。ガリレオシリーズ初の長篇、直木賞受賞作。

内容詳細

天才数学者でありながら不遇な日日を送っていた高校教師の石神は、一人娘と暮らす隣人の靖子に秘かな想いを寄せていた。彼女たちが前夫を殺害したことを知った彼は、二人を救うため完全犯罪を企てる。だが皮肉にも、石神のかつての親友である物理学者の湯川学が、その謎に挑むことになる。ガリレオシリーズ初の長篇、直木賞受賞作。

【著者紹介】
東野圭吾 : 1958年、大阪生まれ。大阪府立大学電気工学科卒。エンジニアとして勤務しながら、1985年、「放課後」で第31回江戸川乱歩賞受賞。1999年、「秘密」で第52回日本推理作家協会賞受賞。2006年、「容疑者Xの献身」で第134回直木賞受賞。同書は第6回本格ミステリ大賞、2005年度の「週刊文春ミステリーベスト10」「このミステリーがすごい!」「本格ミステリ・ベスト10」各第1位にも輝いた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
13
★
★
★
★
☆
 
4
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
東野圭吾さんの作品は、原作もあまり読まな...

投稿日:2021/07/08 (木)

東野圭吾さんの作品は、原作もあまり読まないのですが、この映画は面白かったです。どうやってアリバイなどをくずしていくのかが見どころです。福山雅治さんのかなり初期の映画ですが、演技力がありまし最後まで楽しく見れました

ysi さん | 愛知県 | 不明

0
★
★
★
★
★
東野圭吾さんの最高傑作、最高傑作のひとつ...

投稿日:2021/07/06 (火)

東野圭吾さんの最高傑作、最高傑作のひとつだと思います。数学に対する愛、人間に対する愛、そしてこの犯人の愛。最後の大どんでん返しは驚きました。普通の推理小説だけではない、読み終わった後にはいつも東野さんには感動させられます。

Yuki さん | 神奈川県 | 不明

0
★
★
★
★
★
何度読んでも泣いてしまいます。愛とは何か...

投稿日:2021/07/04 (日)

何度読んでも泣いてしまいます。愛とは何かを深く考えさせられる、切なくてとても大好きな作品のひとつです。

AYA さん | 愛知県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Tetchy さん

    人生を変えた1冊とは通常読み手が出逢った本の事を指すが、東野氏は本書著す事で長年逃していた直木賞に輝き、一躍ベストセラー作家に躍り出て人生を変えた。その作品が探偵ガリレオシリーズ初の長編作品だったのはその後のシリーズの在り方を変えたのかもしれない。しかしなんという、なんという献身だ。論理を至上のものとした湯川と石神2人が行き着くのはなんと論理を超越した感情だったのは何とも皮肉だ。ロジックとトリックを駆使したミステリと「人の心こそがミステリ」とした東野ミステリの2つの軸が見事に融合した氏の集大成的傑作だ。

  • サム・ミイラ さん

    東野圭吾が一流の本格的推理作家であることを証明した作品だと思う。それほどによく練られたストーリーとプロット。そしてこの倒叙と叙述の高次元な融合と云うべきアリバイのトリックは、ただもう凄いの一言。あっ!と騙される快感。松本清張の点と線を彷彿。間違いなく日本のミステリー史上に残る傑作と言っても過言ではないだろう。直木賞受賞も至極当然の作者畢竟の一作。

  • HIRO1970 さん

    ⭐️⭐️⭐️⭐️夏休み下田の宿の本。東野さんは未だ3冊目。東野さんはかなり久しぶりでしたが、非常に面白い作品で結末も想像の範囲を超えたものでした。読み終わってから帯の直木賞受賞作に気付きまして、これがあのガリレオシリーズだったのも今、知りました。既に夏休みボケかも?

  • 青葉麒麟 さん

    何年振りかのガリレオシリーズ。映画版を先に観ていたせいか読んでる最中、ずっと頭の中に福山雅治&堤真一&松雪泰子がぐるぐる回ってた。石神がここまで好きな人の為に尽くすのは凄いと思う。切ないね。

  • mitei さん

    タイトル見て大体の結末を予想していたが石神の愛情はすごく深いものであるがゆえに靖子が耐えられなかったんだろなぁ。てか只の殺人事件をそこまで膨らませることができる著者の文章力に脱帽した。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

東野圭吾

1958年、大阪府生まれ。大阪府立大学電気工学科卒業後、生産技術エンジニアとして会社勤めの傍ら、ミステリーを執筆。1985年『放課後』(講談社文庫)で第31回江戸川乱歩賞を受賞、専業作家に。1999年『秘密』(文春文庫)で第52回日本推理作家協会賞、2006年『容疑者Xの献身』(文春文庫)で第134

プロフィール詳細へ

東野圭吾に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド