総合ランキング: 181位 / コミックランキング 67位

逃げ上手の若君 4 ジャンプコミックス

松井優征

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784088830100
ISBN 10 : 4088830105
フォーマット
出版社
発売日
2022年01月04日
日本
シリーズ
:
追加情報
:
200p;18

内容詳細

後醍醐天皇が送り込んだ国司・清原信濃守の圧政に耐えかねた諏訪神党・保科弥三郎は勝ち目が無いと知りながら反乱の兵を挙げる。保科党を止めようと説得に向かう時行だったが、戦場で散ることを美学としている武士たちに時行の声は全く届かないまま、開戦してしまい…?

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 眠る山猫屋 さん

    川中島保科党救出ミッション、死に美学を求めて暴走する保科党をいかに生き残らせるか。至極真っ当な作戦だが、己れに酔ってしまうと視野が狭くなるという話。仲間たちの助力を得て(自らも酔っ払った)時行が、保科党の面々の目を醒まさせる。そんな流れをたった一人の保科党の怪人物が全て浚ってゆく・・・何者なんだ、あのモブキャラは!?是非今度とも登場して欲しいな!!

  • はな さん

    今回は「個」で逃げるのではなく、「団体」での逃げ。諏訪神党、キャラが濃い(笑)若君のためにみんなで敵陣ぶっ通して鯛を釣りに行くの、若君愛されてるな〜と思った。

  • わたー さん

    ★★★★★個としての逃げから集団としての逃げへ。潔く散ることを至上とする武者たちという、自分とは全く異なる思想を持つ彼らをどう諭して逃がすのか、様々な戦いを渡り歩き、一端の将として成長してきた時行がまたしても魅せてくれた。そのあとに嬉々として殿を務めるところまで含めて非常に彼らしいなと。

  • Galois Noir さん

    いよいよ執権・北条氏のビギニングを描く大河ドラマが始まるというこの盛り上がりの中で、北条氏の殿を務める時行の物語を読むというのもなかなかオツ。偶々先日、栃木県足利市を散策して参りまして、足利尊氏縁の史跡を見てまわったのだけど、「すんません、自分、北条氏推しなのです…」と心の中で独言ながらしっかり堪能してきた。なんにせよ、その地に息づく歴史を感じながらの散策はひたすら楽しい。そんな楽しみをより深みのあるものにしてくれる本作のような作品は尊い。

  • 金目 さん

    「死にたがる武士を生きたがりにする」という目標が打ち出される4巻目。武士の一所懸命を絵に描いたような保科党がみんな良いキャラしていた。前の巻で無双してた吹雪君のポンコツぶりが足され、狐次郎の副将としての成長が描かれ、次は亜也子の見せ場を想像させながら次巻へ続く。目下鎌倉奪還の直接の敵となる関東庇番の顔見せが行われたけど、サーフボードから大刀が出てきたり、適度にアホっぽくて良い。鎌倉のタイを信濃まで運ぶ不可能ミッションは疾走感があった

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

松井優征

埼玉県入間市出身、漫画家。2004年『魔人探偵脳噛ネウロ』でデビュー

プロフィール詳細へ

松井優征に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品