CD

14番目の月

松任谷由実

基本情報

カタログNo
:
ALCA9032
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

内容詳細

シティ・ポップスの第一人者としての地位をユーミンが確立したアルバム。歌を聞いて情景が浮かんでくる「中央フリーウェイ」は、しっかりとロケハンまでしてつくった曲。見事に70年代の青春している(!?)アルバム。(民)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. さざ波
  • 02. 14番目の月
  • 03. さみしさのゆくえ
  • 04. 朝陽の中で微笑んで
  • 05. 中央フリーウェイ
  • 06. 何もなかったように
  • 07. 天気雨
  • 08. 避暑地の出来事
  • 09. グッドラック・アンド・グッドバイ
  • 10. 晩夏

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
12
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
2
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
実は荒井由実の4枚の中で真の名盤といえば...

投稿日:2021/05/29 (土)

実は荒井由実の4枚の中で真の名盤といえばこれだと思う。 一部のファンからは微妙だと聞いたこともあるが、個人的には好きな曲だらけ。 荒井由実から松任谷由実に変わる門出を告げるような最後の儚さもある。 オープニングのさざ波から一気に鷲掴みにされる。 天気雨もいい。 そしてラストの晩夏はラストにふさわしい名曲です。 何度も繰り返し聴ける。

豆太郎 さん | 愛知県 | 不明

0
★
★
★
★
★
松任谷由実=荒井由実であることを知らない...

投稿日:2021/05/02 (日)

松任谷由実=荒井由実であることを知らない人もいるほど時間が過ぎました。ニューミュージックなどと言うジャンルすら無くなった現代ですが、よき時代の盤のひとつと言えるでしょう。

せごびあ さん | 愛知県 | 不明

0
★
★
★
★
★
荒井時代のユーミンが発表したアルバムでは...

投稿日:2021/04/29 (木)

荒井時代のユーミンが発表したアルバムでは、『MISSLIM』が一般には評価が高い印象ですが、最後に発表されたこのアルバムが個人的にはいちばん好きです。もっとも高揚感を抱く、頂点に登りつめる前夜を月の満ち欠けで例えたタイトル曲や、東京の多摩地域の風景描写が印象的な『中央フリーウェイ』など、詞もサウンドも充実しています。

CUL8er さん | 東京都 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

松任谷由実

新たなスタンダードを創り出すアーティスト松任谷由実。 いつまでも、いつ聴いても変わることのない確かなソングライティングに裏付られた普遍的なメッセージ。詩、歌、アレンジ、全てからにじみ出てくる日本的情緒感溢れる楽曲は時に励まし、時に癒す音楽界の大和撫子のような存在なのです。

プロフィール詳細へ

松任谷由実に関連するトピックス

おすすめの商品