もりのくうちゅうさんぽ あまがえるりょこうしゃ

松岡達英

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784834022858
ISBN 10 : 4834022854
フォーマット
出版社
発行年月
2007年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
21×29cm,32p

内容詳細

紙飛行機に乗って、楽しい空の旅の始まりのはずが、オオタカがリスを連れ去るところを見かけたり、アマツバメに襲われたり…。自然を巡るハラハラドキドキの旅。あまがえる旅行社の自然観察ツアー第2弾。

【著者紹介】
松岡たつひで : 本名、松岡達英。1944年、新潟県長岡市に生まれる。日本はもとより、中南米、アフリカ、東南アジアなどでの豊富な取材経験を生かした、数多くの自然科学絵本を描いてきた。『熱帯探検図鑑』(偕成社)で絵本にっぽん賞、『ジャングル』(岩崎書店)で日本科学読物賞と厚生省児童福祉文化賞を受賞。2004年の新潟県中越地震での被災体験をもとに『震度7』(ポプラ社)を刊行し、2006年産経児童出版文化賞を受賞している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • たまきら さん

    科学的なようで非科学的、でもやっぱり楽しい!航空力学にすっかり魅せられたオタマさん。カナブンのエンジンにご機嫌でした。しかしすごい不思議な乗客たちでした…。

  • みっくす さん

    紙飛行機に乗って空を散歩するという楽しいストーリーながらも、いろんな昆虫の生態にふれることができる。松岡さんの絵本はやっぱり良いです。

  • Lesen さん

    紙飛行機を見つけたので改良して森の空中散歩。冒険の中にある自然の厳しさ、生態がリアルです。ほおの木の花の匂いが気になりますね。虫たちが気絶するくらいの匂いって。危険が沢山の冒険、そして昆虫好きなので喜んで聞いてました。この絵本はあまがえるりょこうしゃのシリーズなのかな。

  • けんちゃん さん

    読友さんのご紹介本。あまがえる旅行社の新企画は紙飛行機に乗っての空中散歩。紙飛行機を改造して、カナブンのプロペラをチャーターし、限定5名様のご案内。800円というのは格安ツアー、でも空の上もキケンはいっぱい。自然の困難もさらりと盛り込み、楽しい仕上がりです。そうそう、あまがえるが乗っていた牛乳パックの船もイケてました。

  • ハワイ猫 さん

    次男セレクト。(本人は先に図書館で読んでいて一押し、とのこと。)あまがえるが見つけた紙飛行機。普段飛べない虫達を乗せて森をフライトする…ファンタジーかと思いきや、描かれているのはリアルな自然や生態系で、びっくり。とちの葉で作ったチラシを読んでいたかわいらしいリスも、フライト中の背景では「『あれ〜 かわいそう』カタツムリは リスが オオタカにつれさられるのを みてしまいました」となってる!ひえ〜と思いながら読むが、こどもたちは命がけの冒険模様が楽しかったようで大満足。虫も細かく描かれていて面白かったそう。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

松岡達英

1944年新潟県長岡市生まれ。国内および世界各地での豊富な現地取材に基づいた著作を生み出してきた。「熱帯探険図鑑」シリーズ(偕成社/絵本にっぽん賞)、『ジャングル』(岩崎書店/日本科学読物賞と厚生省児童福祉文化賞)、『震度7 新潟県中越地震を忘れない』(ポプラ社/産経児童出版文化賞)、『野遊びを楽し

プロフィール詳細へ

物理・科学・医学 に関連する商品情報

おすすめの商品