カエルくんのだいはっけん!

松岡達英

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784097266471
ISBN 10 : 4097266470
フォーマット
出版社
発行年月
2016年05月
日本
追加情報
:
31p;28

内容詳細

ぼくはアマガエル。いけでうまれたんだ。いけのそとはどんなせかいかな?ドキドキワクワク〜。だいぼうけんにしゅっぱつだ!

【著者紹介】
松岡達英 : 新潟県長岡市生まれ。日本各地をはじめ、中南米、アラスカ、オセアニア、東南アジアなど、五大陸にわたる自然観察の旅をしながら、多数の自然科学の絵本を描く。2000年に新潟県川口町にアトリエを構えたのち、4年後の新潟県中越地震で被災。2006年からアトリエでの活動を再開した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 遠い日 さん

    アマガエルが主人公。松岡さんのアトリエの奥にある池が舞台だそうだ。小さくてもいろいろな生き物が棲息する池。アマガエルくんは、よりよい環境を求めて川や森も訪れる。どこに行っても危険はいっぱい。自分に適した場所が安心して生きられる場所でないことは、自然の摂理。生き物は動物も植物も含めて、みんな繋がって命を育んでいることがよくわかる。松岡さんらしい細かい絵が楽しい。

  • hoguru さん

    息子6歳1人読み。夏休み目標40冊、27冊目。

  • miyu miyu さん

    読み聞かせ

  • K さん

    (2016)かえるの本が今の時期に旬だと思って、先週に続きまたいろんなかえる関係のを展示。これは、かえるくんの目線で、いろいろな生物をとらえていて、科学的だし楽しそう。

  • ぷー さん

    いろいろな発見があったんだけど、カエルってテントウムシは食べないんだ〜と初めて知った。じっくりゆっくり何度も読む本。プレゼントにいいかも。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

松岡達英

1944年新潟県長岡市生まれ。国内および世界各地での豊富な現地取材に基づいた著作を生み出してきた。「熱帯探険図鑑」シリーズ(偕成社/絵本にっぽん賞)、『ジャングル』(岩崎書店/日本科学読物賞と厚生省児童福祉文化賞)、『震度7 新潟県中越地震を忘れない』(ポプラ社/産経児童出版文化賞)、『野遊びを楽し

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品