張込み 新潮文庫 改版

松本清張

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784101109060
ISBN 10 : 4101109060
フォーマット
出版社
発行年月
2001年08月
日本
追加情報
:
16cm,451p

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
松本清張さんは長編だけではなく短編も傑作...

投稿日:2021/07/09 (金)

松本清張さんは長編だけではなく短編も傑作揃いです。この作品は松本清張作品の中でも特に好きな短編集です。この短編集は女性だけではなく男性の心理、人間の狡さ、エゴ、姑息さなどが描写された名作だと思います。人間の心理を書かせたら松本清張さんの右に出る人はいないのではないでしょうか。

Yuki さん | 神奈川県 | 不明

1

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 巨大猫 vaicorinthians gavioesdafiel さん

    読み易く読み応え有ります。福音からハマってる作家さん。

  • 藤月はな(灯れ松明の火) さん

    男の身勝手さと女のいじましさと冷酷さが融合したがため、破滅に突き進む姿で統一された短篇集。表題作は刑事の思いやりも分かるが、数時間しか、命を燃やせた女の今後を思うと切ないものがある。「鬼畜」は大人が揃いも揃って酷い分、生きた子供達には強く、生きて欲しい。そして性格がキツい私はどうしても「顔」や「声」、「地方紙を買う男」の作家や「カルネディアスの板」の男の身勝手さにフンと鼻を鳴らし、「一年半待て」の最後の男の言葉に「なんだい、甲斐性無しが」と思わざるを得ない。

  • ehirano1 さん

    なんとも唯々切ないです。

  • hatayan さん

    1965年刊。松本清張の推理小説の短編8篇を収録。銀行員の人妻となった女の前に以前恋仲だった殺人犯は再び現れるか刑事が監視する『張込み』、俳優を目指す男が唯一残した汚点を整理しようと企む『顔』、正当防衛で夫を殺した妻の驚くべき計算が明らかになる『一年半待て』、女が地方紙をわざわざ購読する理由を新聞連載の小説家が解き明かす『地方紙を買う女』、学問の世界で隠居した師匠に弟子が情けをかけたことがきっかけで泥沼にはまる『カルネアデスの舟板』など。弟子と師匠の微妙な人間関係を描く『カルネアデスの舟板』が印象的です。

  • アマニョッキ さん

    こないだ鑑賞した「鬼畜」が読みたくて。なるほど映画のラストは原作とは異なるのね。原作は本当松本清張らしい幕切れなんだけど、映画は映画で素晴らしかったなー。他にも「顔」「声」「一年半待て」など、何度も映像化されてきた名作揃い踏み。どうでもいいけれど、表紙のおじさんのカットが怖すぎるのだが、よく見るとばりっと役作りした山田孝之に見えなくもない。色々な意味で楽しめる一冊。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

松本清張

1909年北九州市生まれ。様々な職業を経て、朝日新聞西部本社に入社。懸賞小説に応募入選した「西郷札」が直木賞候補となり、’53年に「或る『小倉日記』伝」で芥川賞受賞。’58年に刊行された『点と線』は、推理小説界に「社会派」の新風を呼び、空前の松本清張ブームを招来した。’92年に死去(本データはこの書

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品