点と線 新潮文庫 改版

松本清張

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784101109183
ISBN 10 : 4101109184
フォーマット
出版社
発行年月
1971年05月
日本
追加情報
:
16cm,262p

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
松本清張の有名な代表作。私の持つ松本清張...

投稿日:2021/07/09 (金)

松本清張の有名な代表作。私の持つ松本清張のイメージはどちらかと言うとトリックがメインな推理小説ではなく、どろどろの人間心理(特に女性)を描いた社会派ミステリー作家。しかし、この小説は本格的な推理小説。トリックも驚愕。犯人の動機、心理の描写はお見事だと思います。さすが松本清張!名作だと思います。

Yuki さん | 神奈川県 | 不明

0
★
★
★
★
★
 昭和30年代の推理小説の起爆剤となった名...

投稿日:2009/12/08 (火)

 昭和30年代の推理小説の起爆剤となった名作。  松本清張というと社会派推理称せというカテゴリーに括られてしまう事が多いが、この作品と「眼の壁」「時間の習俗」は探偵役が共通であるだけでなく、謎解きとしてのアリバイ崩し、殺人動機の必然性、部宇章構成等、本格探偵小説の骨格をもった作品である。

白塗りのサル さん | 神奈川県 | 不明

2

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • サム・ミイラ さん

    再読。正直な所小説も映画も私にはいま一つだったが、この度たけし主演のテレ朝五十周年記念ドラマをレンタル観賞し驚いた。こんなにも面白く深く感動する物語だったとは。東京五輪整備事業に絡む汚職に端を発する偽装殺人と男女の情念と葛藤。政治家や官僚の妨害にも怯まずひたすら犯人を追う刑事達の執念の捜査。戦争で心を無くした犯人と生きる意味を得た刑事との火花散る駆け引き。慌てて本棚から引っ張り出し一気に読んだ。成程、この小説においては感情を排し努めてドライに描こうとしていた事がやっと分かった。実験的小説だったのだと。

  • zero1 さん

    博多近くの海岸で見つかった男女の遺体。青酸カリでの心中?ベテラン刑事の鳥飼は食堂車でひとりだけの利用だったことに疑問を持つ。死んだ男は某省庁での汚職が疑われていた課長補佐。警視庁の三原警部補は安田という男を疑うが、彼は当時、北海道にいた。東京駅での4分間、時刻表を用いてのアリバイ崩し。後のミステリーに大きな影響を与えた作品。意外に薄く読み易い。ある図書館ではYAの扱いになっているほど。1957年連載開始と古いが、九州への夜行寝台特急「あさかぜ」や鉄道公安官、都電も登場するので鉄道ファンでも楽しめる一冊。

  • おしゃべりメガネ さん

    今更ながら?松本清張先生の初読み作品です。昭和32年に書かれた「アリバイ崩し」の社会派ミステリーの金字塔的作品ですが、イヤ、スゴかったです。ネタ自体はシンプルですが、よくここまで‘点’と’線’を手繰り寄せ、つなぎ合わせたなと感嘆してしまいます。主人公となる刑事「三原」の決して諦めない筋の通った行動力と、よき上司「笠井主任」のサポートが絶妙でした。事件の起きた現場のベテラン刑事「鳥飼」もいいキャラをだしてくれており、今となっては考えられない‘電報’を連絡手段に使用している場面も、ある意味なかなか新鮮でした。

  • Atsushi さん

    博多の海岸で発見された男女の死体。心中と片付けられたが殺人事件として謎を追う警視庁の三原と福岡県警の鳥飼。完璧と思われたアリバイが地道な捜査と理詰めの推理でひとつひとつ崩される過程は読みごたえあり。東京駅の「空白の4分間」は今も新鮮だ。

  • nobby さん

    『点と線』その意味を知って味わいながら、読了して尚深み感じるのは見事!九州博多の海岸で見つかった心中と思われる男女の死体。徐々に浮かび上がる人物には、犯行時刻に北海道にいたという鉄壁のアリバイがあって…いやはや、日本を跨ぐ壮大な仕掛けが、寝台特急や連絡船など一日がかりだった時代背景と重なり圧巻の心持ち。言わずと知れた時刻表や手紙・電報など、今ではあまりピンとこないツールを次々と駆使して描くのが魅力的♪少し遅すぎる気付きへの苦笑もあるが、残り50頁でまだ八方塞がりな事態を打開する刑事たちの執念の捜査が熱い!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

松本清張

1909年北九州市生まれ。様々な職業を経て、朝日新聞西部本社に入社。懸賞小説に応募入選した「西郷札」が直木賞候補となり、’53年に「或る『小倉日記』伝」で芥川賞受賞。’58年に刊行された『点と線』は、推理小説界に「社会派」の新風を呼び、空前の松本清張ブームを招来した。’92年に死去(本データはこの書

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品