怪獣8号 1 ジャンプコミックス

松本直也

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784088825250
ISBN 10 : 408882525X
フォーマット
出版社
発売日
2020年12月04日
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
204p;18

内容詳細

怪獣発生率が世界屈指の日本。この国は、容赦なく怪獣が日常を侵していた。かつて防衛隊員を目指していたが、今は怪獣専門清掃業で働く日比野カフカ。ある日カフカは、謎の生物によって、身体が怪獣化、怪獣討伐を担う日本防衛隊からコードネーム「怪獣8号」と呼ばれる存在になる。

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
また面白いマンガが始まった! 怪獣の死体...

投稿日:2021/07/26 (月)

また面白いマンガが始まった! 怪獣の死体を解体する業者って設定が面白いし、続きが読みたくなる話しの展開が素晴らしい。 今日2巻まで一気読みしてしまったので3巻をポチります。

たらのすけ さん | 愛知県 | 不明

0
★
★
★
★
★
怪獣を倒す作品はあっても、その後処理につ...

投稿日:2021/04/25 (日)

怪獣を倒す作品はあっても、その後処理についての描写って今まで読んだことなかった。なるほどなと、設定が面白いなと思った。絵も好みだし、ストーリー、会話も面白い。人気なの頷けます。読み続けます。

ゆう さん | 愛知県 | 不明

0
★
★
★
★
★
怪獣が発生する日本で怪獣から日本を守る防...

投稿日:2021/03/21 (日)

怪獣が発生する日本で怪獣から日本を守る防衛隊に入りたかったが失敗してる主人公が、ある日怪獣になってしまう。その姿で怪獣を倒すというジャンプらしい漫画。1話1話の終わりの引きの描き方がウマイ。続きが気になる作品です

パイン南 さん | 沖縄県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 海猫 さん

    表紙のデザインから「シン・ゴジラ」を連想。討伐した怪獣の死骸を清掃する組織があるという展開にまず掴まれる。怪獣を倒す話はたくさん見てきたが、後片付けをどうする?って話は初めて読んだ。主人公にある異変が起きてから、ぐっと少年漫画らしくお話が動いていくのが面白い。怪獣に対する防衛隊の選別試験ってのも、さらに興味深い。怪獣特撮だけでなく、石ノ森章太郎的な変身ヒーローの楽しさも加わって、ワクワクする滑り出し。怪獣をテーマにして、ウルトラマンや仮面ライダー、アメコミヒーローの美味しいところを抽出した感じ。続刊期待。

  • みやしん さん

    アツい。今のところかもしれないが、作中現実を突き付ける者はいても試験モノに居がちな他人をバカにする系のキャラがいないのが気持ちいい。相棒も含めて、怪獣討伐にかける男達(とヒロイン)の少年漫画的成長譚の可能性を強く感じる。一個気になるのは登場人物の年齢にかなりバラつきがあり、今後どう影響してくるか。メインヒロインもまだでしゃばらないのも良い。挫折から這い上がる諦めの悪さは男心に響く。まだ@巻なのに期待性ビンビン。

  • かんけー さん

    読了♪又また予想外の面白さ(⌒‐⌒)♪昨年からずっと積読にしたまま年明け(^_^;)もっと早く読めばよかった?設定世界が怪獣が多発化する日本と言う物語世界で、怪獣対討伐部隊とのバトルを前面に押し出し、主人公男子をクローズアップして内臓処理班wの描写で理由付けも?理解しやすく成る程と♪カフカと亜白ミナ嬢、その関係図に沈黙。怪獣と余獣その設定の妙に拍手。中盤戦からラストへの盛り上がりが凄い!四ノ宮キコル、意外性の好キャラやねぇ♪カフカ最後カッコ良いぜ(^^)dキッパリ殺っちまってくれ!次巻楽しみですね〜♪

  • Bugsy Malone さん

    お気に入りさん達に教えて貰った漫画です(//∇//)怪獣の死体処理や清掃をするというアイディは『パシフィック・リム』や以前読んだ『多々良島ふたたび』の中でもあったなと思いつつ読み進めると、1巻にしてとんでもない展開になり面白くて面白くて。先輩後輩の関係も幼なじみとの関係も、ありふれているようだけれど描き方が上手いのでとっても良い感じ。これはほんとに次巻が楽しみ!

  • 眠る山猫屋 さん

    複数の読み友さん絶賛につき、読んでみた・・・ありがとう面白かった!!登場人物、素材、画力、ストーリー、全てが斬新という訳ではないが、まず間違いなく上昇していく潜在能力を感じさせるし、言葉にし難い魅力を持っている。主人公を取り巻く登場人物も1巻目にしては雰囲気を醸し出している。キコルはどう動くのか、言葉を話す怪獣とは何なのか、2巻への引きも期待感が膨らむ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

松本直也に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品