ミカエルの鼓動

柚月裕子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784163914428
ISBN 10 : 4163914420
フォーマット
出版社
発行年月
2021年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
467p;20

内容詳細

「ミカエルは人を救う天使じゃない。偽物だ」手術支援ロボット「ミカエル」を推進する心臓外科医・西條と、ドイツ帰りの天才医師・真木。難病の少年の治療をめぐり二人は対立。そんな中、西條を慕っていた若手医師が、自らの命を絶った。情報を手に入れたジャーナリストは、大学病院の闇に迫る。天才心臓外科医の正義と葛藤を描く。

【著者紹介】
柚月裕子 : 1968年、岩手県生まれ。2008年「臨床真理」で第七回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞し、デビュー。13年『検事の本懐』で第一五回大藪春彦賞、16年『孤狼の血』で第六九回日本推理作家協会賞(長編及び連作短編集部門)を受賞。同年『慈雨』で“本の雑誌が選ぶ二〇一六年度ベスト一〇”第一位、18年『盤上の向日葵』で“2018年本屋大賞”二位となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • starbro さん

    11月の第一作は、柚月 裕子の最新作です。柚月 裕子は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。最初、著者版の「白い巨塔」かと思いきや、骨太の社会派医療ミステリの秀作でした。近未来には膨大な症例を保有するAI機能を搭載した医療ロボットの手術が主流になるのでしょうか? https://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784163914428

  • いつでも母さん さん

    目の前の一人の患者を救うことより、その先の多くの患者の為にと言うのかーそれは詭弁だ。柚月さんの医療もの。頭のどこかに白い巨塔がちらつきつつ、手術支援ロボット「ミカエル」の名の下に病院の倫理、医師の信念を問う人間ドラマだった。柚月作品は哀しい登場人物が多いが、今作もまたそんな感じ。面白く読んだが身体の内側から熱くなる感覚は無いのが悔しい。ここは是非とも西條の対となる真木目線の話も読んでみたい。その後の西條も読みたい。柚月さんお願い。

  • のぶ さん

    良くできた医療サスペンスだった。物語は手術支援ロボット「ミカエル」を中心に展開していく。主人公は心臓外科医の西條。ミカエルを使いこなすことに関しては第一人者。一方でドイツ帰りの天才医師の真木が西條の病院に配属されてくる。ある時、心臓の手術を必要とする少年が入院してくる。治療に関して西條と真木は対立する。手術の際にミカエルに不具合が発生する。少年の命はどうなるのか?これが現実だとすると、医学の進歩の凄さには驚かされた。同時に神の手を持った医師も人間の子だという弱さも感じさせられた。お薦めの作品です。

  • うっちー さん

    海堂作品を思い出しますが、単に医療問題だけにとどまらないのが、柚月作品です

  • きむこ さん

    柚月さんの医療モノ。医者になった当初は使命に燃えていた人も、大きな組織の中で権力やらプライドやら意地やらのしがらみの中で本来の芯となる自分の意思がわからなくなる。『目の前の患者一人の命とこの先の多くの命を天秤にかける』のはやはりおかしいし、それに違和感を持ち続けるお医者さんでいてほしいと切に願う。 手術支援ロボット『ミカエル』の普及に尽力する医師の苦悩を描いた本作は病院内の権力闘争やライバルとの微妙な距離感など、柚月さんの巧さが光った。願わくば最後はもう少し二人のその後を見たかったな。★4.5

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

柚月裕子

1968年岩手県出身。2008年、「臨床真理」で第7回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞しデビュー。13年『検事の本懐』で第15回大藪春彦賞、16年『孤狼の血』で第69回日本推理作家協会賞(長編及び連作短編集部門)を受賞。18年『盤上の向日葵』で「本屋大賞」2位。映画化され大ヒットした『孤狼の血

プロフィール詳細へ

柚月裕子に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品