ミッドウェー海戦 第1部 知略と驕慢 新潮選書

森史朗

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784106037061
ISBN 10 : 4106037068
フォーマット
出版社
発行年月
2012年05月
日本
追加情報
:
399p 19cm(B6)

内容詳細

真珠湾から連戦連勝の日本海軍。山本五十六のハワイ攻略構想に繋がる次期作戦が連合艦隊主導で決まった。だが、米機動部隊を誘い出し撃滅するはずの作戦が、東京初空襲により変質し、太平洋上の小島占領も新たな目標に加えられることになる。一方、アメリカ側は日本海軍の「D暗号」を丹念に解読し、次の目標AFがミッドウェー島であることを突き止めた…。

目次 : 序章 その日の山本五十六/ 第1章 運命の出撃/ 第2章 誇り高き艦長/ 第3章 盗まれた海軍暗号/ 第4章 支上最強の機動部隊/ 第5章 ミッドウェー島防衛計画/ 第6章 戦機熟す/ 第7章 しのびよる危機

【著者紹介】
森史朗 : 1941年大阪市生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒。専攻、国際関係論。日本文藝家協会会員。作家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 鐵太郎 さん

    事実をもとにした小説と思った方がいいのか。一人一人の人間像を細かく描く事で、あの戦闘で何が起きたのかを再構成する試みだと思われる。ひたすらdisる感想文が下に並んでいるが、こういう描き方にいちいち噛み付いては読書を楽しめないと思うな。それに、今の時代ならこういう描き方の方が読者に受け容れられやすいのではないか。この海戦を描いた本は何百何千とあるのだから、こんな視点もあっていいではないかな。

  • CTC さん

    12年新潮選書。著者は文藝春秋編集長などを歴任した『敷島隊の五人』ほかの森史朗(本名は中井勝。堤堯の3代後で、半藤さんが専務取締役で退職する時の編集長)。ミッドウェーの敗因については、それこそ物心ついた頃から聞かされてきたような気がする、驕り・情報戦での敗北…。今更視るまでもないとの考えが誤りだと気付いたのは澤地久枝氏の著作に拠る訳だが…本書でも唸るような記述が続く。当巻ではサブタイトルの通り「驕慢」がこれでもかと記される。とはいえ史伝体に物語体を組み合わせて時系列で読ませるから、非常に入りやすい1冊。

  • Michael S. さん

    太平洋戦争の転機となった有名な海戦の記録.作戦に参加した軍人の聞き取り取材が豊富でページ数が多い.第一部の時間経過は作戦開始前半のいわゆる「利根4号機の発艦遅延」のトラブルあたりまで.SNSである人のレヴューによれば利根4号機の発艦遅延は,カタパルト故障以外にも問題が発生していた様子だが,本書では仄かし程度ではっきり言及しなかった様だ.(利根にはカタパルト が左右2本ある)この辺は澤地久枝の著作等を参照すればわかるのだろうか?

  • nagoyan さん

    優。知略と驕慢。著者のミッドウェイ海戦に対する評価はこれにつきる。特に日本側の驕慢。戦争は人が行うものである。戦争では、いくつもの誤りが発生するが、その誤りを起こすものは、人間的なものである。

  • Youhei Takatsu さん

    ミッドウェー海戦の双方攻撃開始直前まで。 なんとも日本軍の情けないことか。 この時点ですでに勝てない海戦だったことがわかります。 結果から言えることでもあるのですが、すべてが甘すぎました。こんな状況では長い戦争に勝てるわけがありません。 映画「ミッドウェイ」を見てから読みました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

森史朗

1941年、大阪市生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒。専攻・国際関係論。日本文藝家協会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

  • No!しか言わない沖縄でいいのか? 誤解だらけの基地問題、偏向するメディアなど、歴史研究者、海兵隊の政治顧問として、情熱を傾けてきた著者が沖縄問題の虚実... |2016年01月13日 (水) 17:54
    No!しか言わない沖縄でいいのか?
  • 入隊する韓流スターたち 人気絶頂にある20代の大物スターが、軍務のために約2年間入隊する。入隊した彼らはどんな日々を過ごしているのか。韓流ス... |2016年01月13日 (水) 15:04
    入隊する韓流スターたち
  • 流行語大賞は「爆買い」と「トリプルスリー」 その年の流行やトレンドを代表する言葉が選ばれる「新語・流行語大賞」の大賞が決定。ノミネート語も紹介すると同時に、流行... |2015年12月01日 (火) 18:09
    流行語大賞は「爆買い」と「トリプルスリー」
  • 資産を1円でも多く残すためのノウハウ 資産が5,000万円を超えたら知っておきたい節税のノウハウを相続に強い税理士が語る『金持ちファミリーの「相続税」対策... |2015年10月19日 (月) 12:19
    資産を1円でも多く残すためのノウハウ
  • 京セラ・KDDI創業者の名著 京セラとKDDIの創業者であり、JALを再生に導いた「経営のカリスマ」が人生の哲学を語った名著『生き方 人間として一... |2015年10月19日 (月) 11:45
    京セラ・KDDI創業者の名著
  • 『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』 葬儀や法要のこと、健康保険や年金のこと、相続手続のこと、預貯金等の名義変更のこと、相続税のこと。身近な方が亡くなった... |2015年10月16日 (金) 14:13
    『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』

おすすめの商品