ミッドウェー海戦 第2部 運命の日 新潮選書

森史朗

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784106037078
ISBN 10 : 4106037076
フォーマット
出版社
発行年月
2012年05月
日本
追加情報
:
436p 19cm(B6)

内容詳細

「本日敵出撃ノ算ナシ」―全艦に発信されたこの敵情報告に油断し、正規空母四隻の南雲艦隊は待ち構えていた米機動部隊に大敗北を喫した。絶望的戦況で米軍に一矢報いた空母飛龍の反撃など、生き残った戦闘員への綿密な取材を元に、参謀や指揮官の言動、パイロットや整備兵の奮闘まで、「太平洋戦争の天王山」全過程を克明に描く壮大な戦史ノンフィクション。

目次 : 第8章 ミッドウェー島攻撃/ 第9章 機動部隊上空の戦い/ 第10章 山口多聞vs南雲忠一/ 第11章 三空母被弾/ 第12章 空母飛龍の反撃/ 第13章 友永雷撃隊の最期/ 第14章 刀折れ矢尽きて/ 第15章 海戦の終幕/ 終章 海戦の果てに

【著者紹介】
森史朗 : 1941年大阪市生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒。専攻、国際関係論。日本文藝家協会会員。作家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 鐵太郎 さん

    ミッドウェー海戦についてはいろいろ読んだが、これほど多くの声を集めて執拗に組み立てたものは始めてかもしれない。コーネリアス・ライアンやジョン・トーランドを読んでいるようだ。あの海戦の結果を、単純に慢心や無能だけでなく、さまざまな要因から再構成したのは立派。あの戦争から70年近く経たないとこのレベルの本が書けないのは寂しいと思うんだけど、こういった本が他にもあるなら読んでみたいな。それにしても、記述は少ないが、栗田提督てなァもうちょいまともかと思っていたけど、「逃げ腰提督」はこの前からだったんだな。

  • CTC さん

    第二部は「運命の日」。読みたいことドンズバの事が記されているのだけれど、各艦の空しい奮闘は読むに切ない。発進準備中の空母は一度被弾して仕舞えば次々誘爆して消火はならない。例えば飛龍などは、実は「機関はも半分は稼働できて、充分内地までは航海でき」る位だったが、50ミリ鋼板が「赤熱してペンキが燃え落ち」と地獄のような有様だ。 とはいえ実は本書も…時間軸がよくわからない記述や、読んでいて腑に落ちない命令(実行されたフシがない)が出てきて明快とは言えないのだが…理由はあとがきに記される。まぁすごい話。

  • garakuta@寝る三時間前に風呂を浴びると良い睡眠 さん

    全体が分からず難しいです。

  • 兵衛介 さん

    奢れる者久しからず。いかに強力な艦隊であろうとも、これだけ無能な幹部に率いられ、敵を舐めていたら勝利の女神に嫌われるのは当然と思う。日本海軍は勝利者に値せず、惨敗は妥当な結果だった。更に責任をうやむやにし、敗因を追求することもせず「運命の五分間」という嘘を創作して歴史を捏造…また南雲司令部と対照的に有能とされている山口少将も、第三次攻撃隊をすぐに発進させず、薄暮攻撃を企図して待機したのは彼らしくない判断ミスではなかろうか。結局ただ一艦残った飛龍も攻撃隊待機中に被弾し誘爆という三空母と同じ運命に。

  • tsuyoshi1_48 さん

    事実関係はわかっていてもやはり引き込まれる。4空母を沈めた米軍の急降下場爆撃、その命中精度からしても対空砲火を恐れない肉薄攻撃だったことは容易に想像がつきます。米軍パイロットも勇敢だったんですね。矢尽き刀折れるまでの「飛龍」単艦での獅子奮迅は胸を打ちます。この大敗から何等の戦訓も引き出せなかった帝国海軍の過誤はあまりにも大きい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

森史朗

1941年、大阪市生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒。専攻・国際関係論。日本文藝家協会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

  • No!しか言わない沖縄でいいのか? 誤解だらけの基地問題、偏向するメディアなど、歴史研究者、海兵隊の政治顧問として、情熱を傾けてきた著者が沖縄問題の虚実... |2016年01月13日 (水) 17:54
    No!しか言わない沖縄でいいのか?
  • 入隊する韓流スターたち 人気絶頂にある20代の大物スターが、軍務のために約2年間入隊する。入隊した彼らはどんな日々を過ごしているのか。韓流ス... |2016年01月13日 (水) 15:04
    入隊する韓流スターたち
  • 流行語大賞は「爆買い」と「トリプルスリー」 その年の流行やトレンドを代表する言葉が選ばれる「新語・流行語大賞」の大賞が決定。ノミネート語も紹介すると同時に、流行... |2015年12月01日 (火) 18:09
    流行語大賞は「爆買い」と「トリプルスリー」
  • 資産を1円でも多く残すためのノウハウ 資産が5,000万円を超えたら知っておきたい節税のノウハウを相続に強い税理士が語る『金持ちファミリーの「相続税」対策... |2015年10月19日 (月) 12:19
    資産を1円でも多く残すためのノウハウ
  • 京セラ・KDDI創業者の名著 京セラとKDDIの創業者であり、JALを再生に導いた「経営のカリスマ」が人生の哲学を語った名著『生き方 人間として一... |2015年10月19日 (月) 11:45
    京セラ・KDDI創業者の名著
  • 『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』 葬儀や法要のこと、健康保険や年金のこと、相続手続のこと、預貯金等の名義変更のこと、相続税のこと。身近な方が亡くなった... |2015年10月16日 (金) 14:13
    『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』

おすすめの商品