江戸の坂 東京の坂 ちくま学芸文庫

横関英一

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784480093219
ISBN 10 : 4480093214
フォーマット
出版社
発行年月
2010年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
15cm,522p

内容詳細

東京は坂の街。「その名は江戸っ子気質そのままで、単純明快、即興的で要領よく、理屈がなくて、しかもしゃれっ気があふれている」。富士を眺められる坂は「富士見坂」、海を望む坂は「潮見坂」、墓地のそばの坂は「幽霊坂」、赤土の坂は「赤坂」、急な坂は「胸突坂」…。東京の坂道と、その名前を見つめると、江戸庶民の暮らしと心が浮かび上がる。東京中を隈なく歩き、古書や古地図を渉猟して、坂道に織り込まれた歴史を辿る。「坂道」研究というジャンルを確立し、いまなお坂道ファンのバイブルと親しまれる古典的名著。本書を片手に散歩すれば、いまも江戸を垣間見られる。

目次 : 江戸の坂 東京の坂(坂について/ 江戸の坂/ 古い新坂/ 坂と寺院/ 一名二坂 ほか)/ 続 江戸の坂 東京の坂(坂と江戸絵図/ 坂の下り口、上り口/ 坂の上と坂の下/ 土州橋と出羽坂/ 同じ名の坂と橋 ほか)

【著者紹介】
横関英一 : 1900‐76年。1924年早稲田大学を卒業。真山青果の研究助手、都立高校の事務長などをつとめるかたわら、江戸研究、時代考証に打ちこむ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • takaC さん

    昭和44年刊行の『江戸の坂 東京の坂』と、昭和50年刊行の『続 江戸の坂 東京の坂』を1冊にまとめたものなので情報としてはそこそこ古くて手強いのだが手元に置いておきたい本である。

  • るりさん さん

    古書店で見つけて読んで見た。 紀尾井坂とか、名前に江戸時代の家の名残が残ってるものは、実際に地図を見比べたりしたら面白いだろうなあと思った。

  • HANA さん

    東京の坂道についての考察。これほど多くの坂があるのにも驚いたが、その一つ一つに名前が付けられているのはもっと驚いた。うちの近所にも坂いくつかあるが、名前など一つもないもんなあ。江戸の歴史の重みを感じさせられる。ただ、中には地名が多用されているため東京にあまり行ったことのない僕には位置関係が掴みづらかった。いやこっちの無知が悪いんですけどね。

  • Norihiko Shr さん

    虎ノ門、六本木界隈は今通っている所。いろいろ実際に見れて楽しいw

  • いちはじめ さん

    きびきびした歯切れの良い文章が心地よい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品