櫻坂46
新商品あり チケット受付中

櫻坂46 レビュー一覧 2ページ目

櫻坂46 | レビュー一覧 | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

20件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  • 櫻坂46に改名後のデビューシングル。表題曲、カップリ...

    投稿日:2021/05/23

    櫻坂46に改名後のデビューシングル。表題曲、カップリングとセンターを変えて更に色々な一面が見られる。これからの櫻坂46が楽しみです。

    mii さん

    0
  • 櫻坂46に改名して2枚目のシングル。表題曲は欅坂46の...

    投稿日:2021/05/20

    櫻坂46に改名して2枚目のシングル。表題曲は欅坂46の頃から方向性はあまり変わっていない感じ。大人への反抗、大人になることへの抵抗を歌い続けるのもどうなんだろうか。どうしても歌わされている感じがしてしまう。

    カーク さん

    1
  • 欅坂46からの改名後初のシングル。どんな曲になるのか...

    投稿日:2021/05/16

    欅坂46からの改名後初のシングル。どんな曲になるのかとても楽しみで初めて聞いた時の感想は、すごいとしか言いようがなかった。欅坂時代不動のセンター平手友梨奈のイメージが強かったが、櫻坂になって選抜になったが、カップリング曲も含め全員が1つのシングルの活動に参加できるこの状態は本当にすごくいいと思った。1期生だから選抜入りできる新2期生だから選抜入り出来ないとかじゃなくてみんなが参加できる感じがすごくいい。 MVやテレビでのパフォーマンスも含め欅坂の時の強さとかかっこよさを残しつつ新しい色を見せてくれる櫻坂46にこれからも期待しかない。

    由里 さん

    0
  • 欅坂46は学生視点の孤独や葛藤、櫻坂46は成長を経て色...

    投稿日:2021/05/15

    欅坂46は学生視点の孤独や葛藤、櫻坂46は成長を経て色々な経験をした上でそれでも自分らしく生きていきたいという少し大人になった視点での希望が表れている。表題曲の「Nobody’s fault」からはその覚悟が感じられるが、カップリング曲の「最終の地下鉄に乗って」こそ、偽りのない真っ直ぐな想いが伝わってくる、櫻坂46の軸ともいえる曲なのではないかと思う。

    リ さん

    0
  • センターが3人制になっているため、一つのシングルの...

    投稿日:2021/05/15

    センターが3人制になっているため、一つのシングルの中で様々なジャンルの曲を楽しめるなと思います。また、特典映像として、デビューカウントダウンライブが収録されているので大満足でした!

    ssss さん

    1
  • 欅坂が平手センター固定であったことを反省してか3人...

    投稿日:2021/05/12

    欅坂が平手センター固定であったことを反省してか3人制にしたものの実質、森田がエース的になっている。森田も魅力的ではあると思うがどうしても平手と比較してしまう。ファーストSGのC/W「なぜ 恋をして来なかったんだろう?」が表題曲以上の再生回数となったことも考えると、こういう曲を求めていたのではないか。そういう意味で藤田夏鈴センター曲を表題曲になることを期待する。

    我田引水 さん

    1
  • 友人から勧められ、聴いています。タイアップ曲なので...

    投稿日:2021/05/09

    友人から勧められ、聴いています。タイアップ曲なので聴いたことがありましたが、良い曲でした。3曲とも曲調が違う感じなので、バランスが良いと思いました。

    ミカヅキモ さん

    1
  • 「BAN」は、MVよりも歌番組でのパフォーマンスで真価...

    投稿日:2021/05/08

    「BAN」は、MVよりも歌番組でのパフォーマンスで真価を発揮できるようです。エンディングでの森田ひかるの息遣いまでを含めて。このTYPE-Aは、Blu-rayにデビュー・カウントダウン・ライブがフルで収録されているのでお買い得ですよ。

    TM さん

    1
  • 欅坂46から改名した櫻坂46。いったい何がこの2者で違...

    投稿日:2021/05/05

    欅坂46から改名した櫻坂46。いったい何がこの2者で違うのかと問われたら、不動のセンターの平手友梨奈がいたのが欅坂46で、彼女がいなくなったのが櫻坂46だというのが一般的な答えとしては出てきやすい。では、あの圧倒的なカリスマがいなくなったから、櫻坂46はスカスカなのかと言ったら、そうでもないのではないかと私は思っている。 本作に含まれる「偶然の答え」というカップリング曲のMVを見てほしい。そして、ここでセンターを務める藤吉夏鈴がかつて平手友梨奈が呼ばれたような「憑依型」のパフォーマーであることを見抜いてほしい。別に平手に憧れて、真似をしてそうなっているのではなく、欅坂46の2期生として、選ばれるべくして、選ばれた才能として彼女は曲を表現している。 かつて欅坂46の中にあって、平手友梨奈が一人でいくつもの感情のベクトルを表現していたのは事実だが、櫻坂46の3人のセンターは平手友梨奈が一人でやっていたことの役割分担をしつつ、平手友梨奈では表現し得なかった未知のものも表現しようと歩み出していると私は思う。平手の10が櫻坂46の3センターによって3+3+3になり、更にそれが、6+6+6にもなるような、そんなグループの未来を予感させるのが、このセカンドシングルだ。

    u.f.o.313 さん

    1
  • 可愛い ぜひ買いたい

    投稿日:2021/03/23

    可愛い ぜひ買いたい

    シボ さん

    1

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%