カタツムリ ハンドブック

武田晋一

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784829981306
ISBN 10 : 482998130X
フォーマット
出版社
発行年月
2015年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
128p;19

内容詳細

目次 : カタツムリってどんな生きもの?/ カタツムリの体のつくり/ カタツムリの生活史/ カタツムリはどこにいる?/ カタツムリを探しに行こう/ ご当地カタツムリ一覧/ フタをもつカタツムリ11種。/ フタをもたないカタツムリ136種。/ カタツムリの採集と持ち帰り方/ カタツムリの飼育

【著者紹介】
武田晋一 : 1968年、福岡県生まれ。山口大学理学部生物学科卒業。大学院修士課程を修了後、フリーの写真家としてスタートし、主に水辺の生き物にカメラを向ける

西浩孝 : 1976年生まれ、宮崎県出身。京都大学理学研究科博士後期課程(生物科学専攻)修了、博士(理学)。大学での研究テーマはカタツムリの生態やDNAを使った系統地理。十日町市立里山科学館越後松之山「森の学校」キョロロ研究員を経て、現在、豊橋市自然史博物館で貝類担当の学芸員。日本貝類学会、日本生態学会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 鯖 さん

    800種以上の日本の固有種の中から、147種を収録。殻に毛が生えてたり、赤ワインみたいな色してたり、いろんなものがいるものだ。確かにウチでも、祖父が存命だった頃、盆栽の鉢でよく見た米粒くらいのカタツムリは見なくなってしまったし、子どもの頃は隣町でよく見かけた大きなカタツムリ(この本を見る限り、たぶんハコネマイマイ)をウチの近所でも見かけるようになったり。4年間で16km勢力図を広げたモグラ東西戦争じゃないけど、カタツムリ境界も変わってきてるんだろうなあ。

  • himawari さん

    右巻きや左巻き、黄緑色や黒、透き通った殻。貝の様な形、毛の生えた殻、くっきり模様など日本だけでも色んな変わったカタツムリがいる。これだけ集めるとカラフルで可愛いく見える。カタツムリの見分け方も初めて知った。大人のカタツムリは殻の縁がめくれたように反り返っているのか。そしてあの渦巻きは子供の時からそのままの形で大きさだけ大きくなっていくのね。知らないことだらけでどれも新鮮で興味深い。全てのカタツムリの写真が最初にまとめて載っているので実際にカタツムリを見分けるのに便利そう。コラムも充実していて面白かった。

  • チュンセ さん

    日本にもいろんなのがいたのねぇ〜〜

  • marcy さん

    我が家にやってきたカタツムリが、めずらしい左巻きだと知り、興味を持って図書館で借りました。カタツムリは這う以外の移動手段がなく、分布が狭い範囲にとどまるため、地域ごとに異なる種類が生息しているとか。同じ種類のカタツムリをもう1匹探していますが、多彩な種類が紹介されている本著にすら、同じ図柄のヒダリマキマイマイは見当たりませんでした。それにしてもこの造形美を見事にレイアウトしたページをくるごとに、今後もいろんなカタツムリを見かけたい、と思わせる本です。

  • ケロたん さん

    カタツムリも多種多様。殻に毛が生えてるのに意味はあるのかなぁ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

物理・科学・医学 に関連する商品情報

おすすめの商品