鏡の中は日曜日 講談社文庫

殊能将之

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062751193
ISBN 10 : 4062751194
フォーマット
出版社
発行年月
2005年06月
日本
追加情報
:
15cm,574p

内容詳細

梵貝荘と呼ばれる法螺貝様の異形の館。マラルメを研究する館の主・瑞門龍司郎が主催する「火曜会」の夜、奇妙な殺人事件が発生する。事件は、名探偵の活躍により解決するが、年を経た後、再調査が現代の名探偵・石動戯作に持ち込まれる。時間を超え交錯する謎。まさに完璧な本格ミステリ。続編「樒/榁」を同時収録。

【著者紹介】
殊能将之 : 1964年、福井県生まれ。名古屋大学理学部中退。1999年『ハサミ男』で第13回メフィスト賞を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • W-G さん

    黒い仏に続いて再読しました。石動シリーズはもっとたくさん読みたかったですね。個人的には黒い仏よりもこちらの方が好みです。名探偵と助手への突き放した見方が逆に新鮮です。

  • nobby さん

    なるほど、これまた物議を醸すに違いない石動シリーズ(笑)第一章での違和感は職業柄完全に分かったけど、その正体は無理…二重三重に張り巡らされた仕掛けは楽しめるけど、その偶然の一致はアンフェアに違いない。参考文献の相変わらず驚愕な多さの中、綾辻さんの館シリーズ羅列には納得。何より一度ならずやられたという感じ。同時収録の『樒/榁』では思わず「あんたか!」と苦笑い。殊能作品未読が少なくなってきて残念…

  • のり さん

    「石動戯作」が殺された?まさか殺しても死なないような男が…殺人事件を解決した探偵の「水城優臣」と後に作家となる「鮎井郁介」が関わった事件の再調査を依頼された石動。今回もミスリードにまんまと嵌まってしまった。名探偵の共演?しかも過去に接点があったとは。「シュン」ちゃんの正体に気づく訳がない。やっぱり好きなシリーズである。

  • aquamarine さん

    すごい帯がついてるので読む順番がこれでいいのか?と出版年を調べてしまいましたが、美濃牛、黒い仏に続く三作目であってるんですね。交互に語られる現在と過去。長くミステリ読みやってるといろいろ考えてしまうので全てが全て作者の思惑通りに読めてはいなかったと思いますがそれでも本当によくできてると思います。黒い仏を読んでいるからか、むしろ普通(いや正統派)と感じてしまいましたが凄い。特に何気なく読後最初に戻って読んでゾクゾクっとしました。「樒/榁」はノベルズでは別ですが同時収録で良かった。続けて読むべきですね。

  • 荒草ミエル さん

    石動探偵もの3作目、ああそうだったのか・・・な顛末で納得の作品。確かに「そんな事言ってない」系の叙述トリックに見事引っかかったので楽しく読了。騙される楽しみって良いかも。梵貝荘、建造物として素敵。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

殊能将之

1999年『ハサミ男』で第13回メフィスト賞を受賞し作家デビュー。以降、ミステリーにSFの手法を合わせた名探偵・石動戯作シリーズとして『美濃牛』『黒い仏』『鏡の中は日曜日』『樒/榁』『キマイラの新しい城』を上梓。2013年2月、他界(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品