連続テレビ小説 スカーレット 上

水田静子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784893089205
ISBN 10 : 489308920X
フォーマット
出版社
発行年月
2019年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
285p;19

内容詳細

戦後まもなく、大阪から滋賀・信楽にやって来た川原喜美子。頑張り屋の喜美子は、幼い頃から一家の働き手だった。一五歳になった喜美子は大阪で就職し、多くの出会いによって成長してゆく。そして信楽に戻り、男ばかりの陶芸の世界に飛び込むのだった。

【著者紹介】
水橋文美江 : 石川県出身。中学生のころから脚本を書き始め、フジテレビヤングシナリオ大賞への応募をきっかけに、1990年、脚本家としてデビュー。NHK名古屋「創作ラジオドラマ脚本募集」佳作、橋田賞新人脚本賞を受賞する

水田静子 : 静岡県生まれ。出版社勤務を経てフリーランス・ライターとなる。第一回ポプラ社小説新人賞特別賞を受賞し『喪失』で作家デビュー。女性誌にて多数のインタビュー記事を執筆。単行本も手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • aki さん

    ドラマ放送時、ハマりすぎて記念に購入。 本当に心に響いた作品です。

  • uran さん

    ネタバレになるから、何も書けないけど。これからのドラマが楽しみ。陶芸家への道は遠いみたい。

  • ihatov1001 さん

    信楽発、初の女陶芸家川原喜美子の物語上巻です。上巻では幼少期から20歳前後までが描かれております。家が貧乏ゆえに子供のころから苦労しっぱなしで。なかなか思い通りにいかない人生を送っている喜美子ですが、その時折で、持ち前の負けん気を発揮し困難を乗り越えてゆきます。また、時々見せる物事への感受性や柔軟性が、将来芸術家になるための片鱗のようで非常に頼もしいです。下巻も楽しみです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド