マンガでわかる脳と心の科学

池田書店

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784262155661
ISBN 10 : 4262155668
フォーマット
出版社
発行年月
2019年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
222p;22

内容詳細

ヒトの「感覚」「感情」「気持ち」「記憶」…脳の不思議な機能を大公開!

目次 : 序章 脳と心の基礎知識/ 第1章 脳とカラダ/ 第2章 脳とココロ/ 第3章 脳とキオク/ 第4章 脳とビョウキ/ 第5章 脳のメカニズム/ 第6章 脳とミライ

【著者紹介】
篠原菊紀 : 脳科学・健康教育学者。通称、「ひげ先生」。公立諏訪東京理科大学情報応用工学科教授。地域連携研究開発機構医療介護健康工学部門長。茅野市縄文ふるさと大使。東京大学、同大学院教育学研究科修了

姫野よしかず : 大分県出身。1983年『週刊少年サンデー増刊号』にてデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ブラック さん

    脳の専門書を購入したので、もう一冊入門書として読みました。実験も交えた説明文のため非常にわかりやすい。入門書としては最適だと思います。さて、、分厚い専門書に挑戦してみます笑

  • ちゃの さん

    発売直後とは知らずパラパラと読んだだけですが。思った以上に心の病や発達障害などについても触れていて脳と心について漫画もある本の中ではよさそうだと思った。ただ脳の男女差はパッと見ではないっていう研究結果が出たのではなかったっけ?と思ったり。でも読みやすさの割に内容てんこ盛りという感じでよかったです。

  • gachin さん

    50-75%のアタリ率でドーパミン神経の活動は最大化する。臭内皮質のグリッド細胞で空間把握をし、それをもとに海馬の場所細胞で現在地を認識。ASDでは前頭葉や側頭葉で刈り込みが少なく、脳サイズも大きい可能性がある。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

物理・科学・医学 に関連する商品情報

おすすめの商品