波よ聞いてくれ 9 アフタヌーンKC

沙村広明

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784065265482
ISBN 10 : 4065265487
フォーマット
出版社
発売日
2022年01月21日
日本
追加情報
:
184p;19

内容詳細

『無限の住人』の沙村広明の筆が猛る最新刊! ラジオDJとしてレギュラー番組を抱える鼓田ミナレは、晩秋に発生した震災後の生放送などを経て、着実に成長を遂げていた。やがて北海道の放送界一大イベント「バレンタイン・ラジオ」が目前に迫ってきたのだが、開催前夜に大事件が巻き起こる。ADの瑞穂が、かつて拉致監禁された宗教団体「波の智慧派」の手によって、またも連れ出されたのだ。ミナレと茅代は救出に向かうことに。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • buchipanda3 さん

    いやあ今回もミナレさん良かった、面白かった。小ネタ連発ハチャメチャの言いたい放題なんだけれど、その何にも遠慮せず自分を突き通しっ放しのドライブ感が堪らん。だから麻藤も久連木も茅代さんも放っておかないのだろうなあと(ラジオ界のために)。展開としては、えっそう来たかと。ラジオ漫画とは思えないものが。3匹のカメも再び。しかも茅代さんも参戦。ラストシーンがまた凄い。色々な伏線がバレンタイン・ラジオ週間のイベントに向けて張られている感じ。期待感が揚がる。ミナレさんみたいな女性編集者も気になった。次も楽しみ。

  • ムッネニーク さん

    4冊目『波よ聞いてくれ 9』(沙村広明 著、2022年1月、講談社) 「バレンタイン・ラジオ」開幕直前。ミズホに恋の予感? 物語が進んでるんだか進んでないんだか。そもそもこの漫画の着地点ってどこなんだろう? 「楽しいって いうよりーーー 水が合ったって 感じですかね」

  • マサキチ黒 さん

    「人はいずれ死ぬ」作者が気を楽に、かつ全力で物語るこのマンガは、とても良い。やはりキーとなる鶴竜。北海道舞台の為、欠かせぬサッポロビール。茅代まどかが大好きだ。

  • モルテン さん

    っはぁ〜〜〜〜面白かったーーーー。今巻でも結構大きな事件勃発なんですが、もういいです、物語はどんな風に転がっても、ミナレの語りの面白さがそのまま変わらないという安定性が継続されている限りいつまでも続いてほしい。この漫画はきな臭い宗教絡みの事件が起きたり災害が起こったりかなり波乱万丈なのに、ミナレがいつでもミナレなので安心して読むことができる。稀有な主人公だと思う、ミナレ。

  • ソラ さん

    ミナレの感性というかそういうのが好きで現実にこんなラジオやってたら毎週楽しみだろうなと。 茅代さん、当初と比べてどんどん変人に…。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品