河出書房新社編集部

人物・団体ページへ

ザ・フー 文藝別冊

河出書房新社編集部

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309980010
ISBN 10 : 4309980015
フォーマット
出版社
発行年月
2020年01月
日本
追加情報
:
192p;21

内容詳細

ロックの偉大な伝説、ザ・フーの軌跡と魅力を検証する待望の一冊。保科好宏、大鷹俊一、小野島大、ピーター・バラカン、曾我部恵一、加藤ひさしなど。ディスコグラフィなども充実の決定版。


[インタビュー]
ピーター・バラカン
ロンドンで聴いた「マイ・ジェネレイション」

曽我部恵一
「老いさらばる前に死にたい」
――ー問われ続ける運命のバンド

[対談]
保科好宏×大鷹俊一
時代と世代を突き抜けた偉大なる四人組

[入門]
立川芳雄 生きがたい少年たちのための音楽
犬伏功 ザ・フー/ヒストリー

[エッセイ]
加藤ひさし(THE COLLECTORS)
ロックンロールの全て

松田CHABE♀x二
「Baba O’ riley」とDJの耳


〈時代とその周辺〉
大鷹俊一 
モッズとザ・フー
バンドの基礎になった同世代の〈族〉の感性

三田格
「1976年のピンボール」と「1995年のピンポン」と

武田砂鉄
なぜ日本と相性が悪いままなのか

〈表現の深層〉
長澤唯史
ピート・タウンゼンドの〈ユメ〉と〈ウソ〉
―メタフィクションとしての『四重人格』

松村正人
ザ・フー、荒ぶる無名


〈映画とザ・フー〉
長谷川町蔵
樋口泰人


人名事典 犬伏功

ディスコグラフィ
小野島大 犬伏功 飛鷹緑朗

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 出世八五郎 さん

    前回、ローリング・ストーンズの本を読んだので今回はフー。色々な業界関係者がフーについて語っている。歴史的なものを知りたかったが、時系列で語るでもなく、少々知ることが出来る範囲で述べられていた。巻末にはディスコグラフィー。とメンバーソロのそれが掲載されている。

  • 幕張〜んず さん

    約40年前の中3の時にロック、HR/HMに夢中になり始めた時には、パープル、サバス、ツェッペリンばかり聞いていた。WHOの存在は知っていたが、周りにレコードを持ってる友達はいなく、ずっと聞かず仕舞いだった。昨年末、タワレコでアルバム「WHO」がディスプレイされているのが目に入り、まだやってたんやと。試聴してみると、何か懐かしい、心地いい感じがした。それから、オンラインから過去作も拝借し、聞いていると、今まで好んで聞いてきたHR/HMとは違う何か新しい(音源は古いが)ものを感じ、興味を持つようになった。→

  • Tetsuji Yamaguchi さん

    ★★★★

  • ととろ さん

    ザ・フーについて知るため読んだ本。何も知らなかったので参考になった。『トミー』『さらば青春の光』もこの本と並行して初めて観ました。オーストラリアの事件がなければ日本でももっと人気あったのかな。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品