河出書房新社編集部

人物・団体ページへ

ビル・エヴァンス 増補決定版 没後40年[KAWADEムック]

河出書房新社編集部

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309980065
ISBN 10 : 4309980066
フォーマット
出版社
発行年月
2020年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
251p;21

内容詳細

2012年の増補新版にさらに完全CDディスコグラフィーなどを増補。白人ピアニストの最高峰の魅力に迫る。本人インタヴューやミュージシャンの証言なども多数収録。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ジャズクラ本 さん

    ◎没後40年を記して2001年に刊行された同タイトルのムック本に増補した決定版。旧版からの増補部分は、寺島靖国×熊谷輝昭の対談、至高のピアニスト11人が語るB・エヴァンスの魅力(ピアニスト11名はコメント欄に記載)、塩谷哲「体位法の即興」、柳楽光隆「音響空間をデザインする録音芸術へ」、原田和典「ドキュメンタリー映画 ビル・エヴァンス タイムリメンバードを見る」の5点。頁数にして35頁ほど追加となっている。旧版との重複部分はこの後、旧版にて読む予定。ドキュメンタリー映画は観ていないので是非とも観たいところ。

  • Iwata Kentaro さん

    ジャズファンならみんな大好きビル・エヴァンス。ちょっとほんの作りが古いかな(悪い意味ではなく)、と思ったらムックの増補版でした。まだ映画見てない、そういえば。

  • 訪問者 さん

    イエスに引き続いて文藝別冊ビル・エヴァンスを読了。やはりビル・エヴァンスのピアノには、この人でしか出せない独特の魅力がある。これに匹敵するのはジャンルは違うがグレン・グールドのピアニッシモぐらいだろう。

  • ナポリノロク さん

    店頭で見かけてつい買ってしまった。新増補の記事で柳樂さんが「Children's Play Song」にフォーカスした文章を書いていて、自分がぼんやり感じていたこの曲の意味の大きさに説明がついたようでとても嬉しかった。

  • ひろみ さん

    ジャズオタク?評論したい人向けの本であって、ビルエバンスや楽曲に興味がある私にとっては、余計な情報すぎて、イマイチ。 いろんな人のエバンス評を読んでも少しもワクワクしないから、たぶん本の選び方を間違えたんだと思う。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品