浜田省吾

浜田省吾 レビュー一覧

浜田省吾 | レビュー一覧 | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

508件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  • 新曲「この新しい朝に」は前向きな気分になれる爽快な...

    投稿日:2021/07/27

    新曲「この新しい朝に」は前向きな気分になれる爽快なナンバーです。また良い曲を作ったなと思いました。 カップリング2曲は過去の楽曲のリメイクで、原曲はあまり聴いたことがなかったのですが、昭和の空気もありながら新鮮な気持ちで聴けます。 浜田省吾さん、まだまだ健在だということを示してくれる1枚だと思います。

    さまざん さん

    0
  • 1981年に制作された7thアルバムですが1991年のドラマ...

    投稿日:2021/07/20

    1981年に制作された7thアルバムですが1991年のドラマ「愛という名のもとに」の主題歌として、のちにシングルカットされて大ヒットした「悲しみは雪のように」収録アルバムという事で本当によく売れたアルバムでした。また「愛の世代の前に」「ラストショー」「防波堤の上」など初期の名曲がオリジナルバージョンで収録されていますので一聴の価値があります。こういう名作を「デジタル・リマスター」して再発してカタログから消えないようにしているソニーさんの心意気が伝わります。

    スウィート・ソウル さん

    0
  • 浜田省吾の「The History of Shogo Hamada “Since 19...

    投稿日:2021/07/20

    浜田省吾の「The History of Shogo Hamada “Since 1975”」は本当に良く出来たベストアルバムだ。愛奴時代に大ヒットしたビーチボーイズ・スタイルの名曲「二人の夏」に始まって「路地裏の少年」に続くところなんか曲順の妙と言うかファンなら皆、前半から「やられたという感じ」で「鳥肌が立つ」曲の流れだと思う。浜省クラスになると名曲が多すぎてベスト盤をリリースすると「選曲にあれこれ不満」が出るのが常だが、このアルバムに関して言わせてもらえば最高のバランスで名曲を配置した素晴らしい作品だと思う。

    スウィート・ソウル さん

    0
  • 1989年発売のセルフカバー・バラードコレクション...

    投稿日:2021/07/19

    1989年発売のセルフカバー・バラードコレクション。心に深く突き刺さるようなダークな曲もあり、個人的には完成度の高い捨て曲無しのお気に入りのアルバムです。何度も何度も繰り返して聴いていました。もちろん今でも聴いています。

    kotobuki さん |60代

    0
  • これぞ浜田省吾と印象付けるにふさわしいアルバムジャ...

    投稿日:2021/07/19

    これぞ浜田省吾と印象付けるにふさわしいアルバムジャケットです。2枚組で出して欲しかったと思えるくらいもっと没頭したくさせるライブアルバムでした。贅沢な選曲はこれでもかと感動を与えてくれます。やっぱりライブの浜田省吾ですね。

    kotobuki さん |60代

    0
  • 大学生の時、カセットテープで購入してラジカセで何度...

    投稿日:2021/07/19

    大学生の時、カセットテープで購入してラジカセで何度も何度も聴いていました。のちに大ヒットした曲もあり今から思えば名作ぞろいの濃いアルバムだったんだなあと思います。その後、CDで再度購入した思い出いっぱいのアルバムです。

    kotobuki さん |60代

    0
  •  日本のミュージシャンr、2枚組のオリジナル・アル...

    投稿日:2021/07/11

     日本のミュージシャンr、2枚組のオリジナル・アルバム(ベスト盤やライブ盤を除きます。)を作ろうとして作ったアルバムって、そんなに多くはありません。  思いつくものでも、サザン・オールスターズ、チューリップ、渡辺美里、高中正義、…そして浜田省吾、くらいでしょうか?  シングルアルバムよりもボリュームも価格設定も高くなる分、リスナー側の期待も膨らむし、制作側の抱えるリスクも大きくなるので、ミュージシャンにとっては一つの大きなチャレンジになるわけですが、これまでの果敢な挑戦者たちは、いずれもそのハードルを越えてきたように思います。  そしてこの『J.BOY』。2枚組アルバムに新たな伝説を記した金字塔、といっても過言ではないでしょう。  ここには、まっすぐに音楽と向き合ってきた浜田省吾の生きざまと、青春と、穏やかな広島と、憧れのアメリカと、愛と、やり場のない怒りと、反逆と、それでも前を向く勇気と、喜びと、大切な想い出と、やさしい気持ちと、心に秘めたエネルギーが、ぎっしりと詰まっています。

    ねずみ さん

    0
  • 限定版にして正解車でも楽しめます

    投稿日:2021/05/28

    限定版にして正解車でも楽しめます

    kenji1173 さん

    0
  • アコースティックとバンドミックスで飽きさせない構成...

    投稿日:2021/05/28

    アコースティックとバンドミックスで飽きさせない構成昔からのファンも聴きごたえあい

    kenji1173 さん

    0
  • 曲には何の不満もないが、東京はぜひ入れて欲しかった...

    投稿日:2021/05/20

    曲には何の不満もないが、東京はぜひ入れて欲しかった。スティーブルカサーのギターが浜田省吾を引き立てている。

    浜っ子 さん

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%