都会のラクダ

渋谷龍太

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784048971041
ISBN 10 : 4048971042
フォーマット
出版社
発行年月
2021年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
四六判 / 360ページ

内容詳細

SUPER BEAVERボーカル渋谷龍太の処女作!

バンド結成から現在までを描いた自伝的小説。

【著者紹介】
渋谷龍太 : 1987年5月27日生まれ。ロックバンド・SUPER BEAVERのボーカル。2005年にバンド結成、2009年メジャーデビュー。2011年レーベルを離れ、インディーズで活動を開始し、年間100本のライブ活動をスタート。大型フェスにも参加し、2018年には日本武道館単独公演を開催。2019年に兵庫・ワールド記念ホールと2020年1月には東京・国立代々木競技場第一体育館で初のアリーナ単独公演を開催。チケットを即日ソールドアウトさせる。結成15周年を迎えた2020年4月にメジャー再契約。2021年、「愛しい人」がドラマ『あのときキスしておけば』(テレビ朝日系)の主題歌に、「名前を呼ぶよ」が映画『東京リベンジャーズ』の主題歌に起用された。また、自身最大キャパとなるアリーナツアー「SUPER BEAVER都会のラクダSP〜愛の大砲、二夜連続〜」を日本ガイシホール、大阪城ホール、さいたまスーパーアリーナで開催(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 0 さん

    SUPERBEAVERを知ったのはメジャー再デビュー前で歴史から見るとつい最近のこと。 妻(当時は彼女)に誘われて神戸ワールド記念ホールのライブに行きファンになりました。 紆余曲折の歩み、喜怒哀楽で足りない感情。 これまでを知ることができた喜び以上にこれからもついていきたいと思えた。 アルバムの発売、ツアーのチケットも取れたので楽しみにしてます。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

渋谷龍太

1987年5月27日生まれ。ロックバンド・SUPER BEAVERのボーカル。2005年にバンド結成、2009年メジャーデビュー。2011年レーベルを離れ、インディーズで活動を開始し、年間100本のライブ活動をスタート。大型フェスにも参加し、2018年には日本武道館単独公演を開催。2019年に兵庫・

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品