はじめちゃんが一番! 第9巻

渡辺多恵子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784091914293
ISBN 10 : 4091914292
フォーマット
出版社
発行年月
2002年03月
日本
追加情報
:
342p;16

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
最終巻・・とてもうまく終わっていますが、...

投稿日:2021/04/25 (日)

最終巻・・とてもうまく終わっていますが、まだまだ読みたい!続きが知りたい!と、ちょっとモヤモヤもあります。江藤さん、本当にカッコいいです。最後を読んだらまた最初から読みたくなります!

simsim さん | 京都府 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • なつ さん

    懐かしさのあまりと、おまけのデート編目当てに購入。 五つ子の弟がアイドルで、同じ事務所の二人組ユニットの片方がはじめちゃんの王子さま…とどこかジャ○○ズを思い出させる設定。 しかもはじめちゃんがキャン○ィキャン○ィみたいにそばかすだらけの女の子なんだけど、ヒロインなのに守銭奴?でしっかりものでかわいいのです。結構重い話が絡んできますが、彼女の強さがみんなの元気のみなもとだ!

  • ちるち さん

    はじめちゃんが一番!は大好きなのだけど 、この畳み掛けるような終わり方は謎。打ち切りだったのかなあ。でも、リアルタイムで雑誌で読んでたらあまり気にならなかったのかも(なんせ1ヶ月に一話ペースで読むし)。はじめちゃんの髪って、今なら梳いたり縮毛矯正したら軽くなりそう

  • GOLD SEVEN さん

    衝動的で身勝手な連と礼子の犠牲になった亮と、共感力が低く子供じみた瑞希にふりまわされたはじめ、という被害者同士がくっついた、なんとも不憫でカタルシスのないエンディング。さらに亮と瑞希のメンタル的な繋がりの強さと、亮のメンヘラ成分を考えると、はじめちゃんはほんとにハッピーになれるのか?とか・・・全員のキャラクターのゆがみについて思いを馳せてしまうラストだった。まとも(?)な五つ子はとっくに蚊帳の外だし。この際、亮&瑞希エンドでよかったんじゃないか、とさえ思える複雑な読後感。中盤まではほんと楽しかった。

  • aya さん

    読了。この本は『だいすき!』というファン心理もめいっぱい描かれてて好きだなぁ。

  • アルプス さん

    最終巻!!はじめちゃんが誰とくっつくはなんとなく想像できていたけど、最後の方の話の展開(進み方?)が異常にはやく感じました。読んでてびっくりしたよー(°Д°;)でもって和田さんのかっこよさが私にはあまり伝わってこなかった(^^;)あと、はじめちゃんと江藤さんのラブラブなところが見たかったよ〜(;_;)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

渡辺多恵子に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品