コッコさんのともだち 幼児絵本シリーズ

片山健

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784834004359
ISBN 10 : 483400435X
フォーマット
出版社
発行年月
1991年04月
日本
追加情報
:
22cm,23p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • annzuhime さん

    次女(4歳7ヶ月)が幼稚園から借りてきた絵本。コッコさんは保育園でいつもひとり。みんなが遊んでいる時も隅っこにひとり。もじもじしているコッコさん。でも、他にもひとりでもじもじしている子がいてー。お友だちになるきっかけとか、 共通点から一気に仲良くなるとか、ケンカして離れるけどまた仲良くなるとか、色々とリアルでした。小さなきっかけでお友だちの輪が広がって良かった。

  • たーちゃん さん

    一人ぼっちのコッコさん。もじもじしちゃう可愛いコッコさんですが、もう一人もじもじしちゃう一人の女の子が。最後はみんなと一緒に遊べて良かったね。

  • しぃ さん

    幼児絵本ながら何故か最近小1娘のお気に入りコッコさん。お友達がなかなか出来ない寂しさ、ひとりから皆へなっていく様子が描かれています。1人が好きでも勿論いいけれど、幼児期しか出来ない男女混じりの無邪気な集団遊びは経験しておいた方がいいのかなって個人的に思う。コッコさんの世界が広がっていく様子が良いな。

  • Kawai Hideki さん

    保育園で友達が作れずにもじもじしていたコッコさんが、同じようにもじもじしていたあみちゃんを通じて、園内に溶け込んでいくお話。孤独に耐えながら保育園の庭の隅に立つコッコさんの、行き場がなさそうに定まらないでいる視線がいじらしい。

  • 雨巫女。 さん

    《図書館‐季節》最初に友達ができるって、こんな感じなのかなあ。人見知りしないから、すぐまわりと打ち解けてた。(笑)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品