パンク侍、斬られて候 角川文庫

町田康

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784043777037
ISBN 10 : 4043777035
フォーマット
出版社
発行年月
2006年10月
日本
追加情報
:
15cm,360p

商品説明

すべての常識を覆す、空前絶後の傑作時代小説!

江戸時代。ある晴天の日。街道沿いの茶店に腰かけていた牢人は、そこにいた盲目の娘を連れた巡礼の老人を抜く手も見せずに太刀を振りかざし、ずば、と斬り捨てた。居合わせた藩士に理由を問われた牢人・掛十之進は、かの老人が「腹ふり党」の一員であり、この土地に恐るべき災厄をもたらすに違いないから事前にそれを防止した、と言うのだった…。圧倒的な才能で描かれる諧謔と風刺に満ち満ちた傑作時代小説!!

内容詳細

江戸時代、ある晴天の日、街道沿いの茶店に腰かけていた浪人は、そこにいた、盲目の娘を連れた巡礼の老人を、抜く手も見せずに太刀を振りかざし、ずば、と切り捨てた。居合わせた藩士に理由を問われたその浪人・掛十之進は、かの老人が「腹ふり党」の一員であり、この土地に恐るべき災厄をもたらすに違いないから事前にそれを防止した、と言うのだった…。圧倒的な才能で描かれる諧謔と風刺に満ちた傑作時代小説。

【著者紹介】
町田康 : 1962年、大阪府生まれ。高校時代より音楽活動を始め、INUを結成。81年、アルバム『メシ喰うな!』でデビュー。96年に発表した処女小説『くっすん大黒』でドゥマゴ文学賞、野間文芸新人賞を受賞。2000年『きれぎれ』で芥川賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
映画化もされたこの小説、ひとめ見ればスー...

投稿日:2009/11/23 (月)

映画化もされたこの小説、ひとめ見ればスーパーバイオレンスな世界観が伝わると思います。 町田さんの小説は、古文書のように難解にみえて実は絵本のようにわかりやす。 そして楽しい。 そしてこの小説もまたそのとおりなのです。 男前の町田さんは過去にパンク歌手であり、俳優でもあり、さらには小説家、そのすべてに共通して町田ワールドが構築されています。 町田さんの小説をまだ読んでないあなたは一見の価値あり、その世界観にひきつけられるかも、られないかも?

やーまだ さん | 神奈川県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ケイ さん

    語り口調が似ているところから「ギケイキ」と同じ流れかと思ったが、これはパンクなサムライの時代SF。物事を考える道理は、屁理屈、刀技を経て、爆発する。そして因果応報。左遷された先でめげずにいた事がこんなふうな役にたつとはね。期待してとりかからず、へんな面白いの読んでやろうぞ!くらいの気持ちで手に取るのがおすすめ。

  • 抹茶モナカ さん

    時代小説の体裁で描かれているが、外来語が普通に使われるし、会話も現代語で、あえて言うと、立川談志のイリュージョン落語みたいな本。実際に、落語の一説も出て来る。パンクな純文学で、格好良い。後半、引っ張り過ぎで、読んでいてつらい所もあったけど、読み終えてみて、大満足でした。

  • スエ さん

    何何何っ?!イキナリ浪人が、父娘連れの父を切り捨て御免。その訳は「腹ふり党」さっぱりわけワカメな冒頭に、スエは一抹の不安を覚えた。なぜ江戸時代に「マジ」「逆切れ」なんて会話しとんねん?なんて思ったら読み進められないんだな、コレが。褌締め直して読むべしッ❢(シコも踏んじゃうぞ)笑える会話のジャブと屁理屈の応酬。なぜか辰吉丈一郎VS薬師寺保栄の試合を思い出す。ようこそ闇のワンダーランド、スエ家の芝生はゴールドラッシュ、世のちり洗う四万温泉。どんどんどん。ゲッ!異世界から戻れなくなってしまった!ぶっとび〜!!!

  • kazi さん

    町田康の作品の中で一番好きです。個々のシーンがどうだ、とか、ストーリーどうだ、とか、そんな表層的な次元の話じゃないやん・・?紙面から注ぎ込まれた熱量が尋常じゃないことが、ビンビン♪に伝わってきます。この刀持って変な扮装してる奇怪なおっさんが表紙の一冊の文庫本の中に宇宙的な量の熱量が込められていて、文字を通して読者の脳髄の核に集中照射される。これは天才にしか書けない作品だ。まーちだの創造性が大爆発してる。翻訳者の柴田元幸先生が何かの本で、この小説を称賛してたのが一寸意外だった。先生のイメージと合わない。

  • ペグ さん

    新興宗教の(腹ふり)に踊り狂う愚民達。保身に明け暮れる武士。糞尿に覆われ首が飛び、血潮が降りかかる!勢いのある文章は時代を超える。アァー面白かった!猫エッセイ完読後、初めての町田さん小説。読んでいる途中に映画化された事を知った。はてさてどんな映画になることやら〜読者を選ぶ最たる小説かと。いやぁ〜ほんと凄かった〜!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

町田康

1981年、パンクロック・バンド、INUのヴォーカリストとしてデビュー。 同バンド解散後、石井聰互監督の『爆裂都市 BURST CITY』に出演するなど個性派俳優としても活動。 1996年には処女小説『くっすん大黒』で文壇デビュー、2000年には『きれぎれ』で第123回芥川賞を受賞した。

プロフィール詳細へ

町田康に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド