猫君

畠中恵

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087716924
ISBN 10 : 4087716929
フォーマット
出版社
発行年月
2020年01月
日本
追加情報
:
344p;20

内容詳細

茶虎で金目銀目の猫、みかんは江戸・吉原で髪結いをするお香のもとで可愛がられて育ち、まもなく二十年が経とうとしていた。
病の床についたお香は、尻尾が二叉に分かれ、言葉を操り始めたみかんが、やがて人に化ける猫の妖怪「猫又」になる特別な存在だと告げて、この世を去る。
飼い主を取り殺したと疑われ、追われるみかんを助けたのは、先輩猫又の加久楽(かぐら)だった。妓楼の一室に匿われたみかんは、同じ新米猫又の白花(しろか)らと出会い、猫又のあれこれを教えられる。
花のお江戸に隠された六つの陣地に分かれて、陣取り合戦を繰り広げていること。代々の徳川将軍のはからいで、江戸城の中には新米たちが修業する学び舎「猫宿」があること。猫又史にその名を刻む英雄「猫君」の再来が噂されていること……。
加久楽に連れられ猫宿へやってきたみかんは、「猫宿の長」と呼ばれる謎の人物をはじめ、様々な師匠のもと、仲間とともに数々の試練に挑んでいく――
『しゃばけ』の著者が贈る、お江戸ファンタジー開幕!

【著者略歴】
畠中 恵(はたけなか めぐみ)
高知生まれ、名古屋育ち。二〇〇一年『しゃばけ』で第十三回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞してデビュー。病弱な若だんなと摩訶不思議な妖たちが様々な事件を解決する同シリーズで二〇一六年、第一回吉川英治文庫賞を受賞。
その他に、揉めごとの裁定をする町名主の跡取りが幼馴染とともに難問奇問に立ち向かう「まんまこと」シリーズ、古道具屋を営む姉弟と、妖怪と化した道具たちが遭遇する事件を描いた「つくもがみ」シリーズ、『うずら大名』『わが殿(上・下)』など著書多数。

【著者紹介】
畠中恵 : 高知生まれ、名古屋育ち。2001年『しゃばけ』で第十三回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞してデビュー。同シリーズで2016年、第一回吉川英治文庫賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
☆
☆

3.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
妖怪「猫又」になったばかりの新米猫又、み...

投稿日:2021/04/17 (土)

妖怪「猫又」になったばかりの新米猫又、みかんたちの冒険ストーリー。大人から子どもまで楽しく読める本です。思いもよらない意外な展開に、ドキドキしながら、あっという間に読めました。またみかんたちに会いたくなります。

はれ さん | 不明 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • mint☆ さん

    江戸吉原で生まれ育った茶虎の猫みかん。二十年生き、妖しである猫又になった。猫又で人間界で生きるのは難しいらしく、猫又の寺子屋である猫宿で新米猫又たちと共に学ぶ。色々と問題が生じ新米猫又たちは協力し合いながら解決していく。ハリーポッター猫又版のようなイメージ?最初は可愛かった猫語に途中から飽きてしまって進みが悪かったですが、ラストは爽快。面白く読み終えました。肝心の猫君は現れるのか。続きがありそう。

  • ぶち さん

    "しゃばけ"のシリーズとは、一味も二味も異なる、妖ファンタジー。花のお江戸に隠された猫又たちの陣が六つ。千代田のお城には、各陣から集まってきた新米猫又たちが学ぶ学び舎があります。そう、この物語は、猫として20年を生きて、猫又になったばかりの新米猫又たちが繰り広げる冒険活劇です。20年も生きてきたのに、猫又になると大きく若返ってしまうようで、新米たちはまるで子猫のよう。それが、可愛らしくて、可愛らしくて...なんとかハッピーエンドで終わりましたが、学び舎での修練は続きます。この続きも読みたくなっちゃいます。

  • ガチャ さん

    みゃんと泣くみかんは賢くて愛らしい。 猫君論争が勃発しながらも、 猫又になったばかりの新米猫又達が通う猫宿で、一人前になる為に奮闘するみかん。 様々な課題やら珍事件で大忙し。 他の新米猫又達も、個性派揃いで、徐々に打ち解けていき、皆で立ち向かう姿を見ていると、研修生とは、どんな姿でも可愛いらしいものだなと思えた。 それに、こんなにも猫又達が歴史に絡んでいたとは驚きですが、まさかの信長様? こんな世界があっても楽しいものですね。

  • ままこ さん

    “猫君”が現れると猫又危機を迎えるという。一体誰が猫君なのか…。猫又になりたて金目銀目のみかんは、一人前になる為に意外な場所にある「猫宿」で師匠達から色々学ぶ。修行中にも様々な騒動に巻き込まれるが、知恵を絞って新米仲間達と奮闘するにゃ!巻末の“猫又史年表”は人間史との見比べも面白い。スカッと愉快でほのぼの。みかん達の猫又としての成長も楽しみだしシリーズ化されるといいな。

  • 雅 さん

    猫又による学園モノ。真面目にやっていても愛嬌を感じてしまう可愛さがある。日常の風景も、みんなで力を合わせて困難を乗り越えようとする場面も、ホンワカで癒やし度高し

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

畠中恵

高知県生まれ、名古屋育ち。漫画家を経て、2001年『しゃばけ』で第13回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞してデビュー。「しゃばけ」シリーズは大ベストセラーになり、16年には第1回吉川英治文庫賞を受賞した。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品