日本国紀 下 幻冬舎文庫

百田尚樹

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784344431287
ISBN 10 : 4344431286
フォーマット
出版社
発行年月
2021年11月
日本
追加情報
:
428p;16

内容詳細

黒船来航により、二百六十五年にもわたる江戸時代が終わりを告げた。明治維新というかつてない劇的な変革により近代化した日本は、日清・日露戦争を経て、維新より半世紀後、ついに世界の列強と肩を並べるが―。教科書が教えない、知られざる史実と感動の歴史秘話が満載。ベストセラー作家による壮大なる日本通史、大幅加筆により待望の文庫化!

目次 : 第8章 明治維新/ 第9章 明治の夜明け/ 第10章 世界に打って出る日本/ 第11章 大正から昭和へ/ 第12章 大東亜戦争/ 第13章 敗戦と占領/ 第14章 日本の復興/ 終章 平成から令和へ

【著者紹介】
百田尚樹 : 1956年、大阪府生まれ。放送作家として「探偵!ナイトスクープ」などの番組で活躍後、2006年に『永遠の0(ゼロ)』で作家デビュー。13年に『海賊とよばれた男』で、第一〇回本屋大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • gonta19 さん

    2022/1/23 楽天ブックスより届く。 2022/5/6〜5/13  普通の教科書では、色々な問題もあって記述も少ないし、飛ばされることの多い近代史を下巻をフルに使って書かれている。どういう史観を取るかで解釈は違うだろうが、現在の世界を相手にしないといけない状況で、近代史を知らないと外交などやっていけないだろう。学校の教科書もこれくらいの分量比で良いかもしれない。

  • tamami さん

    幕末から令和の御代まで説き及んでいる日本近現代史の決定版。これまで読んできた関連書にすうっと一本筋が通された観があり、歴史の流れが自然な形で頭に入ってくる。下巻では、これまであまり知られなかった個人の顕彰に多くの頁が割かれているように思う。宇和島藩の前原嘉蔵という職人、幕府の要職にいた小栗忠順、明治天皇の日常、北清事変の柴五郎等、それぞれの事蹟は、道徳の教科書に採られても良いと思う。一方、歴史をかき乱した?個人や組織についても、著者の目を通した評価が与えられている。日本の外交、戦前の軍部、ジャーナリズム、

  • けやき さん

    明治維新から令和までも一気に読みました。日本人と日本の歴史に誇りの持てるようになりました!

  • Shoji さん

    明治以降の歴史叙述です。編年体と紀伝体をミックスさせた様な内容です。上巻はスラスラ読めたが、この下巻はなかなか思い悩んだ。20世紀の歴史と言えば、世論では賛否両論の多いことですし、もとより百田氏の発言がしばしば炎上して物議を醸しているのは衆知の通りです。ただ、百田氏のニッポン・ラブだけは熱量をもって伝わってきました。確かに、国歌や国旗を否定する自国民がいることは悲しいです。それと、明治天皇、昭和天皇について、私は一方的に悪感情を抱いていました。きちんと勉強しなきゃと思いました。

  • ロデタ さん

    明治維新から平成令和まで。百田さんの歴史観がかなり入ってるような箇所もあるけど近現代史を一気に読めてよかった。後々新たな事実が出てくると思うので内容がどんどんアップデートされていくと良いと思う。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

百田尚樹

1956年、大阪府生まれ。放送作家として「探偵!ナイトスクープ」などの番組で活躍後、2006年に『永遠の0(ゼロ)』で作家デビュー。13年に『海賊とよばれた男』で、第一〇回本屋大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

百田尚樹に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品