今日の人生 2 世界がどんなに変わっても

益田ミリ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784909394415
ISBN 10 : 4909394419
フォーマット
出版社
発行年月
2020年10月
日本
追加情報
:
240p;19

内容詳細

へこんだ気持ちにゆっくりと空気が入っていく。深呼吸を忘れていた。『今日の人生』(7万部突破)から3年半。この間の「日々」に、書き下ろし「ポーランドごはん」を加えた待望の第2弾。

【著者紹介】
益田ミリ : 1969年大阪府生まれ。イラストレーター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
2017年から2020年までの連載マンガを収録し...

投稿日:2021/03/03 (水)

2017年から2020年までの連載マンガを収録しています。 益田先生のここ最近のコミックエッセイは少々暗めでしたが、 この作品は久しぶりにクスクス笑えました。 旅先や近所のおいしいものを紹介するときに、グルメ用語を全く 使わずにおいしさを伝えるところがよかったです。

WM-102 さん | 不明 | 不明

0
★
★
★
★
☆
益田ミリさんの日常を描いたコミックエッセ...

投稿日:2021/03/03 (水)

益田ミリさんの日常を描いたコミックエッセイ。小さく笑えて心地よい本です。街角で見かけるノラ猫の描写など、かわいいものから、流れ星の破裂音に驚いたり。ポーランドのおいしい食べ物もたくさん登場し、プチ海外旅行も味わえます。ミリさんの視点で、世界を眺めながら、気付くと自分の心の内を見つめていたように感じます。自分自身の一日一日を肯定してもらえたようで、明日からまた頑張ろうと思わせてくれます。

はれ さん | 島根県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 馨 さん

    コミックエッセイシリーズ2作目。2017年から2020年までの、他愛のない日常や、旅エッセイ。ミリさんの、思い立った時に行く一人旅はホントなマイペースで楽しそう。あと、近所の家から漂ってくるご飯の匂いは私もついつい嗅いでしまうし、自分の昔の記憶が蘇ったりします。本書のタイトルはやはりコロナで世界が変わっても変わらないものがあるっていう意味なんですね。自然や動物、季節の移ろいはコロナ禍だろうがコロナ前だろうが変わらない。こういう時代だからこそ変わらないことが救いで、安心する時もある。

  • niisun さん

    『今日の人生』もそうですが、見過ごしてしまいそうな些細(細やかな)な出来事を、見事に掬い上げることが出来る方ですね。女子中学生の「お父さんとお母さんが一生懸命働いたお金」に自然と“お母さん”が入っていたことにふれた話や、スレ違った若い女性達の「わたしなんかなんもないよ 若さ以外」という会話や中学生の男女が時間も忘れて立ち話をする光景から、一度しかない人生の尊さを想う話が良かったです。あとは、花粉を逃れての函館旅行のくだりも楽しかったですね。新幹線の車中での読書や食べ歩きでの後悔に、とても共感できました。

  • ででんでん さん

    ミリさんの、線を切り詰めたギリギリの画と、ほんの少しの言葉の中には、いつも広く深いものが納まっている。こんなときだから?普段以上にそんなことを強く感じた。「生きていることはすばらしい。生きていることがすばらしいのだ。」そして、来し方の中学生の姿を見て、人生が着々と過ぎていて、ほんとに一度しかないことを再確認して切なくなるミリさんを見て、自分たちも、その気持ちを浴びさせてもらう。そして、人生では「よろしくお願いいたします」と送信したつもりが「よろしく折る害いたします」になってたりするのだ。(大共感そして笑)

  • yoshimin さん

    益田ミリさん、22冊目。ミリさんの本読んで ほっこりしたいなぁと探したら、まだ読んでない本がありました♪ 〔へこんだ気持ちにゆっくりと空気が入っていく。深呼吸を忘れていた〕あ〜ホントだ、いつの間にか深呼吸するの 忘れていたかも。花粉症がヒドいミリさんが花粉を逃れて北海道や沖縄へ脱出するの、いいなぁ。どこでも仕事できるしね。思い立ったら旅に出られる身軽さに憧れてしまうよ。

  • 美登利 さん

    自分のことを棚に上げといてなんだけど、ミリさんも歳取ったなぁ。目線がおばちゃんだもの。あるあるネタのコミックエッセイです。シンプルすぎて可愛らしい絵ではないですが、ほんの少しの顔の表情の違いとミリさんのつぶやき(文章)が合っていてほろりとしてしまうところも。若い子の観察が完全に親目線だよ。歳を取るってもう若くないと気づいてさびしく感じることも多いけれど、肝が据わってドーンとこいと受け止める余裕のあるおばちゃんになりたいよな。そうしたら、一日の終わりにまた明日が来るのが楽しくなるはずだよ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

益田ミリ

1969年大阪府生まれ。イラストレーター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品